第18節 ジュビロ磐田 0-2 名古屋グランパス   

2005年 07月 24日

やっぱり俊哉は偉大だった。俊哉がこっちに居たら勝ってただろうね・・・・。

前半

秀人が珍しくバックパスの処理でもたつきピンチに。蹴ったほうが悪いのかもしれなけど、引いたカメラアングルでは確認できず。

ペースを掴んできたかと思ったら、俊哉のロングパスから中村が茶野をドリブルで抜いて先制ゴール。茶野の抜かれ方はまるで山西だった。

前田の見事なヘッドも楢崎がファインセーブ。ヴェルディ戦なら入ってた。

太田のミドルも楢崎がファインセーブ。ヴェルディ戦なら入ってた。

前田が裏を狙い、粘ってチャンスメーク。後半から入ったカレンがシュートするが、右に外れる。

名古屋の誰かのミドルシュートをこぼすヨシカツ。つめてたのはやっぱり俊哉。

その直後、カウンターから失点。その前に田中さん空振り。最近多くない?

そういえば、今日の福西は代表時のようによく動いている。一番チャンスを作っているのでは?

と思ったら、後半20分に福西が下がって河村が入る。負け確定。得点を諦めて、0-2で勘弁してくださいという守備固めですか?降格争いしてるチームみたいですね。


やっぱ0-2で終了。やっぱり山本さんが監督の間は優勝を狙うのは無理かな。「いい人」かもしれないけど、プロの監督は能力がないと・・・・・・。
[PR]

by keta_m | 2005-07-24 23:28 | ジュビロ磐田

<< ナジームにライブが入りました 私信 >>