第30節 ジュビロ 2-2 ジェフ   

2005年 11月 14日

いよいよ30節です。優勝争い、降格争いが盛り上がってきましたね。我等がジュビロはどちらも他人事ですが・・・・。

さて、相手は首の皮一枚で優勝争いに加わってるといえない事もないジェフです。というより、先日の天皇杯決勝で初タイトルを獲得して、勢いに乗ってるジェフです。もっと言えば、ジュビロキラーのジェフですよ。

すみません、ゴルフの練習に行ってたのでビデオで撮ってたんですよ。しかも早めに帰ってきちゃったら、前半終了間際から半端に見ちゃいました。0-2で負けてるよorz

ジェフ疲れてると思ったのになんだよ~。と思いながら見てたら、前田君が登場!待ってたよ!!ってな感じで見てたら前田がヘッドで1点返し、太田が追加点で引き分けました。

改めて前半からビデオを見直しました。

前半も悪くなかったですね。ペースは握っていたのに、ジェフの攻撃が2回上手く決まってしまった感じか。実際、ジュビロは「後一歩」がたくさんあったのに、無得点でジェフは2回しかなかったチャンスで2点取った感じです。結果は出なかったものの、「今季のジュビロ」なら出来はいい方じゃなかったでしょうか。

後半はジェフがさすがに疲れたように見えました。それと前田が前線で「溜め」と「個人の突破」をしたことが効いたと思います。あと、名波が下がらなかったことも(笑)。

しかし、ジェフは強いです。オシム監督が「体は疲れているだろうが、頭は疲れてないはずだ。頭を使ってサッカーをしなさい」みたいな話をしていたそうです。
以前は「君達は技術がないのだから、リーグで一番走りなさい。とにかく走りなさい。そうすれば5位、上手くいけば3位辺りを狙えるかもしれない。」という方針だったように見えてました。「走って相手に仕事させない」ことから、「考えて勝つ」という次のステップに進んだことで天皇杯優勝という結果が出たのだと思います。なんか、95年頃の「黄金期前夜」のジュビロっぽですよ。

ジュビロを応援している自分は「ジェフが強くなったら困る」と思っていますが、サッカーを愛する自分は「オシム監督とジェフの戦いをもっと見たい」と思っています。多分、後者の方が強いんですよね・・・・・。「魅力あるサッカーを見たい」というのが一番の望みなんですよね。

もちろん、「ジュビロが魅力的なサッカーをしながら、リーグ戦では優勝争いをして3年に1回程度は優勝、リーグ戦で優勝できなくてもナビスコや天皇杯のどちらかを取ってくれる」のが理想ですけどね。
[PR]

by keta_m | 2005-11-14 00:01 | ジュビロ磐田

<< たかじんのそこまで言って委員会 11月13日 サンダルを買いに >>