ナビスコカップ セレッソ大阪 1-0 ジュビロ磐田   

2006年 03月 30日

スカパーフジでやってたけど、契約してないので見れませんでした。

日刊スポーツの速報より15分毎のシュートのデータ。[]つきは枠に飛んだシュートです。

15 [カレン]
30 [カレン]
45 西

カレンが頑張って2本の枠内へのシュート。西も枠に入ってないものの1本シュート。1トップなんだから西あたりが中に切れ込まないとね。カレンは疲労を考慮してか、後半5分と半端な時間で下がってしまいます。

15 珍圭 珍圭
30
45 珍圭

後半、DFの珍圭しかシュートしてないってどういうこっちゃ?前の方は何してたんだか。カレンが下がったら誰もシュートできんのか!
ジュビロ公式サイトの速報で見ると、15分までは2本ともCKからのヘディングで、45までのは直接FK→壁直撃のいつものパターンのようです。

松森君の速報より
>22分、先ほどのセレッソ連続攻撃の際、GK佐藤洋平が膝を押さえ倒れこんだ。その後、GKを蹴ったが膝を押さえ歩けない。自ら”×”を出し、急いでGK松井謙弥が準備する。

ゴールキーパーもゴールキックもGKなので分かりにくい。「GKを蹴ったが」って、倒れこんでいる洋平がセレッソの選手に蹴られたかと思ったよ。

そうそう、セレッソに行ったカワムが出場してました。後半44分からorz
[PR]

by keta_m | 2006-03-30 12:58 | ジュビロ磐田

<< 日本代表 1-0 エクアドル ... 第5節 ジュビロ 2-1 フロ... >>