第7節 FC東京 3-1 ジュビロ磐田   

2006年 04月 09日

前節勝って、2勝2分2敗の7位と順位も上がり、間に挟まれたナビスコカップではいつ以来か忘れてしまった逆転勝ち。順位の近いFC東京との一戦は今後のジュビロを占う試合となると思っていました。

でも、完敗でしたorz

いつも通り、サイド攻撃に過剰にこだわり、せっかく放り込んでも受ける人がカレンしか居ない悪循環。数少ない収穫といえば、先制された直後に1点返したことと、村井が中央へ入り込んでの得点だったことでしょうか。左サイドに居るだけじゃなく、場合によっては中央へも攻め込む。ジュビロの選手らしいじゃないですか。

3点取られてからは必死で攻めて、得点にはなりませんでしたが、いい形で攻め込んでましたね。もっと早くから押し上げれば却って失点しなかったと思うんですけどね。
[PR]

by keta_m | 2006-04-09 23:01 | ジュビロ磐田

<< 「加害者第一」の弁護士 犯罪者... ま・え・だ! ま・え・だ! 2... >>