第24節 ジュビロ磐田 2-3 大分トリニータ   

2006年 09月 27日

秀人、福西、西、前田、ファブリシオが欠場ですよ。更に言えばワールドカップ前から村井が欠場、怪我してなくても出たり出なかったりの10番成岡も怪我してます。控えGKの洋平も長期離脱。野戦病院ですか??

そんなけが人だらけのジュビロを応援する皆さんが気になる最新怪我情報はtoto CLUBさんが便利。メニューの最新情報→最新ケガ・代表情報を選択します。

さすがにこれだけ選手が欠けてると厳しい。全体的に押され気味の展開。しかしセットプレーからマコの強烈なヘディング、相手GK西川がこぼしてゴールラインを半分越えるあたりまで飛んだものの、抑えられた。うーん、惜しい。これが決まってればなぁ。

そして前半38分に松橋にシュートのリバウンドを押し込まれて失点。DF、戻れよ。

後半9分、菊池が「犬塚さん、右サイドからの攻撃はこうやるんスよ」と言わんばかりにオーバーラップ。左奥の中山へふわっと浮いたボールを出す。中山がきっちりヘッドで折り返したところをカレンが華麗なボレーシュート!いや~、ビューティフルゴールです。あれだけ気持ちのいいゴールはなかなか見れませんよ。

そして後半21分には上田のCKを犬塚が後ろに倒れこみながらヘディングシュートを決める。うーん、あの体勢でよくゴール右隅に合わせたな。これで2-1と勝ち越し。

ところが直後に失点。珍圭、戻り遅ぇよ!ゴール裏からのカメラで歩いてるのがバッチリ移ってました。ヨシカツにリバウンドのセーブまで期待してるのか?

同点になった直後に菊地→大井という不可解な交代。2-1で守備固めをするつもりが失点して追いつかれたのでしょうか?だったら交代をキャンセルできたと思うんだけど。同点なら大井より菊地を入れておいた方がいいでしょう。
試合後のインタビューでは、菊地が疲れていたから、大井に梅崎をマークさせて上田の負担を減らしたかったとのこと。うーん、菊地は結構タフだから何とかなったと思うけどな。

その大井が登場していきなりイエローカードを貰う。何で貰ったのか分からなかったので、後でビデオで見返してみました。多分、センターライン付近で腰からガツンとぶつかったプレーじゃないでしょうか?こぼれたボールが大分有利な位置にいったので、その後1分ほど流れが切れるまでカードを出さなかったんだと思います。

続いて犬塚→船谷の交代。犬塚もヘディング以外仕事してなかったけど、船谷は何してたか分からないほど存在感がなかった。10人になったせいもあるだろうけど。

さて、10人になった原因は大井。ドリブルについて行けずに後ろから追いかけて引っ張った後にスライディングに行って足にかけてしまってイエローカード。角度がないながら、シュートを狙える位置だったから厳しく取られたんでしょうね。

その後、カレンを下げて中山ワントップで頑張ります。カレンの代わりに入ったユースの山本君、福西2世なんていわれているようですが、その呼び名に恥じぬ落ち着きぶりでした。将来が楽しみですね。

・やっぱり真ん中のラインにボールキープできる選手がいないと辛い。前田、福西、ファブリシオの誰かが居れば、まだ組み立てられたと思う。

・太田のトップ下は向いてないなぁ。やっぱり頭使うタイプじゃないと・・・。また、太田が真ん中に居ると右サイドに太田が居ないのでチャンスが出来ないw。右サイドに太田が流れると真ん中が薄い。

・秀人が居ないと守備が辛いなぁ。両脇が珍圭と茶野では、マコが庇いきれない感じだった。右が秀人だと珍圭だけカバーしとけばいいんだけど。

・中山誕生日ノーゴール&不勝伝説。これで誕生日3戦全敗ですorz でも、フルタイム出場お疲れ様です。最後の5分位はさすがにキレがなくなったけど、最後まで走り続けたスタミナは超人的です。

囁くような独り言。のangra1341さんが1分1敗というエントリで「犬塚はカワム2世のような気が・・・」と書いてましたが、同感。

・練習試合で驚異的な得点力を誇っていた静岡産業大時代の犬塚ですが、得意なのはヘディングか?前半、サイドネットへ突き刺したヘッドも倒れこみながら決めた2点目も上手かった。が、それ以外はスイッチが入っていない時の河村。無難な横パスばかり出し、ドリブル勝負もなければパスを貰う動き出しも遅い。

・3失点ながら、ヨシカツは凄かった!1点目2点目は一度は弾いたところをリバウンドを押し込まれた形なので、DFがちゃんと戻れば防げた可能性が。

まあ、負けちゃいましたけど、これだけ選手が欠けてる中、退場者まで出たのに終了間際まで同点で粘れたのは良く頑張ったんじゃないでしょうか。シーズン前半だったら、あっさり負けてたと思いますよ。
[PR]

by keta_m | 2006-09-27 01:18 | ジュビロ磐田

<< it's a SONY... 1人しか殺していない殺人犯に死刑判決 >>