今更ですが 第3節 ジュビロ磐田 1-0 FC東京   

2007年 03月 23日

ナビスコの試合も終わったってのに、第3節の試合の感想を書いてなかったので今更ですが簡単に。

「神様、ヨシカツ様、秀人様」ってところでしょうか。まさにヨシカツ劇場。ジーコ時代の日本代表でよく見た光景です。

ファブリシオの退場は自業自得かな、と思いました。2枚目のイエローのときですが、蹴った後に相手選手が突っ込んできてるのを確認したうえで「あえての上げっぱなし(ニキータ風)」だったように見えます。しかも1枚目のイエローを貰ったすぐ後ですから。

前半35分と早い段階から10人になったジュビロ。カレンを下げて最先端のFW0人フォーメーションに。先日、0トップと表現しましたが、語感がよくないですね。これからはトップレスと呼ぶことにします。野洲高校が「セクシーフットボール」ならジュビロは「トップレスフットボール」だ!

11人居ても、なかなか得点の匂いがしないトップレスフットボールですので、10人では尚更。当然攻め込まれるのですが、守備陣が集中して防いでいました。それでもこの調子ではいずれ失点すると思っていた矢先、救世主が現れました。それは・・・・

平山 相太です。クロスボールの供給源である石川を下げて平山を投入。これを見た瞬間、「守りきれるかも」と希望の光が見えました。それでも勝てる気はしてなかったのですが。

しかしセットプレーで上田康太の早いボールに秀人がニアで合わせて先制!なんとか守りきって1-0で勝利しました。

得点シーンですが、得点した秀人はもちろん、田中マコもゴール前に居ました。上田はキッカー。誰が守ってたんだろう?あそこでカウンター食らったらと思うとぞっとしますね(*_*)

あと5分ってところで西が負傷。交代枠を使い切っているために下がれずに足をひきずりながら、なんとか近くのボールだけは追っていたのですが、骨折の疑いで全治2ヶ月とか・・・。ここで西も離脱とは!今年のジュビロも野戦病院状態です。層が薄くなった今年、前田、西、菊地などの選手の怪我はすごく痛いです。ファブリも自分の存在の大きさを自覚して、不用意な警告は避けて欲しいです。
[PR]

by keta_m | 2007-03-23 12:48 | ジュビロ磐田

<< 選手名鑑2007 GK編 FWの人数は時代と共に減ってい... >>