“アメリカ人、ショック!” なんと中華料理は「カロリーと塩分が過剰」だった   

2007年 04月 06日

“アメリカ人、ショック!” なんと中華料理は「カロリーと塩分が過剰」だった…衝撃の分析結果

衝撃って・・・・・・。見るからに大量の油を使ってるし、塩分が多いのも食べたら分かりそうなもんですが。アメリカ人って馬鹿?

しかもアメリカの中華料理って、更に高カロリー高塩分にアレンジされてるみたいですね。

そんなに痩せたければ、中国の塩でも使えば?体を壊して確実に痩せられます。ただしニセモノの塩の中でも亜硝酸塩だけは洒落になりません。

中国で「ニセモノの塩」が氾濫

亜硝酸塩は、白色不透明な結晶体で食塩に酷似し、水に溶けやすく、0.2~0.3グラムの摂取で中毒を起こし、3グラムで死に至る。

中国人の塩分摂取量がどの程度か知りませんが、日本より大幅に少ないとは思えません。すると、3グラムって言ったら1食分で摂取しちゃう量ですよ。こんな死人が出るような物を平気で売ってしまうところが中国人の恐ろしいところ。日本ではここまでの悪党はお目にかかれないでしょう。

※日本人の成人男性は1日13gの塩を摂取しています。取りすぎなので10g以下にするよう厚労省が言ってますが。
[PR]

by keta_m | 2007-04-06 12:55 | 料理

<< 三宅久之先生、無茶を言う 捏造報道には罰則規定を! >>