第5節 ジュビロ磐田 1-2 浦和レッズ   

2007年 04月 08日

負けてしまいましたが、ここ最近では見たことがないほど内容は良かったですね。レッズ相手に押してましたからね。パラナが馴染んできたのか、動きがよくなってきましたね。ほんと、ブラジル製服部といった働きです。守備もがんばってたのですが、それでも決めてしまうワシントンはやっぱりすごいですよ。

あ、得点といえばカレンのゴールは見事でしたね。全体的にミドルを結構打ってたのもいいです。あれで相手DFを引き出せますからね。悪いときのジュビロはボールをまわすだけでシュートが出ないですから。

今のメンバーでどういうサッカーを目指すべきか、見えたように思います。次からも今日のようなゲームをしていけば、結果はついてくるでしょう。
[PR]

by keta_m | 2007-04-08 23:52 | ジュビロ磐田

<< 血まみれ冷蔵庫? 三宅久之先生、無茶を言う >>