朝日、必至だな(笑) 「国民投票法案採決はむちゃくちゃ」   

2007年 04月 16日

「むちゃくちゃ」 抗議の声相次ぐ 国民投票法案採決

-----------------------ここまで---------------------------

 施行60年。憲法記念日を前に、改憲手続きを定める国民投票法案が12日、衆院憲法調査特別委員会で可決された。傍聴席や国会周辺では、慎重審議を求める声があがった。

 「こんなやり方があるか」「むちゃくちゃだ」。採決の瞬間、傍聴席から怒りの声が相次いだ。

 00年に衆参両院に作られた憲法調査会当時から傍聴を続けてきた平和遺族会全国連絡会代表の西川重則さん(79)は「最初から、狙いは戦力を持たないと決めた憲法9条2項を変えることだった。強行採決は、その本音がついに出たということ」と語った。

 同日夕、日比谷野外音楽堂で開かれた抗議集会では、共産党の志位委員長は「拙速を避けて徹底審議を求める国民の多数の声を与党は踏みにじった」と批判。社民党の福島党首も「民主主義を踏みにじり、憲法を変えるための国民投票法の成立を許してはいけない」と訴えた。

 弁護士らでつくる「国民のための国民投票法を考える会」は同日、全国30カ所の街頭で実施した意識調査の結果を公表。約1800人の回答のうち「審議が尽くされていない」との答えは63%で、「審議が尽くされた」は4%だった。

 改憲に必要な賛成数については、60%が「総有権者の過半数」とし、与党案の「有効投票総数の過半数」より厳しい成立要件を求めた。

    ◇

 故湯川秀樹博士らが結成した「世界平和アピール七人委員会」は12日、「投票率に関係なく有効投票数の過半数という決め方は適切でない」とする声明を発表した。

 民放労連も「政府や政党の思惑によって法案を拙速に成立させてしまうことは必ず将来に大きな禍根を残す」との抗議声明を出した。

-----------------------ここまで---------------------------

朝日、必至だな(笑)。批判が相次ぐという割には、傍聴者のコメントで出てくるのは「平和遺族会全国連絡会」というサヨク臭漂う回の代表者のみ。まあ、実際に傍聴席はサヨクだらけだった可能性はあります。普通に働いている人は、平日に傍聴なんてそうそう出来ませんから、給料を貰って反日活動をする「プロ市民」が多いことは自然な流れです。

また、政治家のコメントも社民党と共産党という泡沫政党の代表だけ紹介。朝日が必至で「反対の声」をかき集めたのがよく分かります。

昨日の「たかじん」でも話題になりましたが、今回成立した法案は「有効投票数の過半数」が可決の条件です。それに対して反対派は「(投票しなかった人も含めた)有権者の半数」を主張しています。こんな案は「考えて投票した人の意見」を「考えずに投票を放棄した人」が阻止出来てしまう民主主義の精神を無視したものです。あ、社民党や共産党はハナから民主主義の精神なんて無視ですね。

「戦争が出来る国」になるなんてマヌケな心配をしている人がいますが、大間違い。「侵略され放題の国」から「侵略者から身を守れる国」になるんですよ。北斗の拳みたいな暴力に支配される世界の、「虐げられる側」になりたい人だけ、憲法改正に反対してください。
[PR]

by keta_m | 2007-04-16 12:59 | マスコミ

<< 銃乱射犯 やっぱり韓国人 池田大作 「私は庶民の王者!」 >>