2004年 12月 14日 ( 1 )   

金珍圭と秀人の青春ドラマ   

2004年 12月 14日

秀人「金、ちょっと付き合えよ。」

金 「はい、先輩。」

秀人「お前、今日もラフプレーで退場じゃないか。」

金 「すみません。いつも迷惑かけて・・・」

秀人「まあ、俺も昔はワルだったよ。何かあるとすぐ切れてたし。スパイクを投げつけたこともあったなぁ。」

金 「え、今ではただの親バカあんなに冷静に守備をする先輩が?」

秀人「お前も早く嫁さん貰え。子供はいいぞ。」

金 「俺、まだ19歳っすよ。」


なんてシーンを経て、金は冷静なプレーが出来るようになりました。って昔のドラマみたいだなぁ。ロケ地は天竜川の河原ってことで。

調べてみたら、金って全南ドラゴンズ所属という情報しか出てこないけど、全南ドラゴンズオフィシャルサイトのプレイヤー一覧に見当たらないのですが。まあ、生年月日と身長体重以外は読めないから意味ないけど。

韓国では、「1973年 08月 28日」のことを、「1973鰍 08杉 28析」って書くんですね。年が鰍(かじか)で、月が杉ですか。日は分析の析。山本監督が好きそうです。
[PR]

by keta_m | 2004-12-14 12:43 | ジュビロ磐田