カテゴリ:ビジネス( 9 )   

みずほ証券、新規上場株を誤発注…市場は大混乱   

2005年 12月 08日

みずほ証券、新規上場株を誤発注…市場は大混乱

金額と株数を間違えて発注したとか。1株を61万円で売るはずが、1円で61万株売ってしまったとのこと。

株はジェイコム株だったそうですが、ジェイコムは1万4500株しか発行してないとか。空売りって発行株式数より多くできるんですね。知りませんでした。このミスで、発注したみずほ証券は数百億円の損失となりそうとのこと。

みずほ証券は昨年の経常利益がおよそ500億円(連結)、今期は上半期で300億円。1年分の利益が1つの発注で吹っ飛んでしまった形になります。親会社のみずほフィナンシャルグループは株価を3.37%も下げてしまいました。大惨事です。この後、どうなるんでしょう。

【12月9日追記】
昨日の時点で270億円の損失だそうです。まだ全て買い戻した訳ではないので、まだ被害は広がる恐れがあるとのこと。というか、間違いなく広がるでしょう。

ちょっと空売りについて説明しましょうか。「発行している株数よりも多くの株を売る」というのが不思議に感じる方もいらっしゃるかと思いますので。

・現物取引と信用取引
株価が1000円の株を、1000円出して買う。また、1株持っていた株を1000円で売る。これは当たり前ですね。こういう売買を「現物取引」といいます。株をそれに見合った金額で売買すること。安いときに買って持っておき、高くなったら売る。差額が利益となります。

これに対して「信用取引」というのがあります。「お金を借りて株を買い、後で株を売ってお金を返す」、「実際に持っていない株を売り、後で買い戻す」といった取引です。後者が「空売り」というやつで、今後下がると思う株を空売りしておき、下がってから買うことが出来ます。現物取引が「上がりそうな株で勝負する」ことしか出来ないのに対して「下がると思う株で勝負する」こともできます。

この「持っていない株を売る」という仕組みがあるため、発行されている株式よりも多くの株を売ることが出来てしまったわけです。

さて、今回の事件ですが、みずほ証券は「持っていない株を67万株も売りに出した」のですから、「売れてしまった株を買い戻す」必要があります。1円で売ってしまった株を60~70万円出して買い戻すのですから、単純に言えば「売れた株数(=買い戻さなければならない株数)×60~70万円」という膨大な損失が出ます。

「取引の無効」を申し出るのではないか?という意見もあったようですが、みずほが大損失を出しながら買い戻している様子を見ると、「安く買った人が応じなかった」=「タダ同然で買ったものをみずほに買い取らせている」ということでしょうか。
[PR]

by keta_m | 2005-12-08 23:39 | ビジネス

ガイアの夜明けをみて  中国の夜は明けてる?むしろ暗黒か。   

2005年 10月 26日

昨日、ガイアの夜明けを見ました。油田を買い漁り、日本の天然ガスを不法発掘してる中国。「特定アジア(中国・南北朝鮮)批判」のサイトでは反日マスコミと言われる日経がスポンサーですが、ガイアの夜明けではそこそこ中国バッシングしてますね。(普通の感覚で言えば生ぬるいでしょうが)

アフリカで油田を買った中国人実業家の話。「中国は急激に発展しました。今は必要な投資が出来るようになったんです。」

発展してよかったですね(棒読み)。じゃ、もうODAは要らないよね。

日本は中国に年間2000億円以上のODAをしています。通算で30億円超。
返さなくていい金、超低金利の融資と合わせてですが。「発展途上国への援助」の金を日本から貰って日本に核ミサイルを向け、宇宙船を飛ばし、もっと貧乏な国に援助する中国。しかも日本のODAでインフラ整備したことは人民には隠してます。なぜでしょうか?

共産主義の崩壊で、人民の「共産党政権への不満」は高まってます。日本を中国共産党以上の悪者にして、政府への不満を逸らす事で成り立っているのが中国政府です。だから「日本の援助で空港や高速道路が出来た」と人民にバレてしまったら共産党政権は終わってしまうんです。経済的には(沿岸部の)夜明けはとっくに終わってますが、国としては暗黒ですね。

なのに中国にODAで無駄金を垂れ流し続けてるのは、それで儲かる自民党の国会議員がいるからです。自民党で過剰に中国援護するのはODA利権がらみです。

自民党以外に中国を応援、というか中国に隷属したがっている議員が社会党、元社会党の民小党には居ますが、その話は長くなるので後日したいと思います。自民党のODA利権ゼネコン密着議員よりもっと性質が悪いと思います。

中国へのODAはすぐ止めましょう。「靖国参拝で文句を言ってる自民党議員」あたりを選挙で落選させればすぐ止まります。あ、選挙終わったばっかりだっけ。


中国:6割以上が日本の対中ODAを「知らない」

中国の調査会社がネット上で行ったアンケート。日本のODAを、「比較的重要な役割を果たしている」と答えたのが38%。でも、「ネット上だから38%も知ってた」のでしょう。田舎に行ったら誰も知りません。

中国は国内版ODAをするべき

その通りですね。でも、それは日本にたかった金じゃなくて、上海などの高所得層の税率を上げてする国内問題です。上海には高級ブランド品(本物w)を買える金持ちが少なからずいますから。

PS
「戦後の償いだから」なんて思う方がいらっしゃったら、「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」や「通州虐殺事件」をちゃんと調べてみてください。ここを見れるってことは調べようがあるはずですから。リンクはあえて張らないので、ご自分で色々な意見を見てください。

あれは日本のA新聞社の「フィクション」を特定アジア(中国・南北朝鮮)が政治的駆け引きとして利用してるだけです。実在の個人名・団体名とは99%以上は関係ないと思っています。それを覆す情報をお持ちならお知らせください。確認しますから。
[PR]

by keta_m | 2005-10-26 23:12 | ビジネス

紳士服の・・・・それってコナカじゃないの?   

2005年 07月 01日

紳士服のフタタってのが九州・山口にあるんですけど、テレビCMの最後で「紳士服のフ・タ・タ」と歌が流れます。

あれ?このメロディって、紳士服のコナカでは??

気になって調べてみたら、コナカの会社沿革に「2003年1月株式会社フタタと「資本業務提携」を締結」というのがありました。納得。

大規模小売店が個人商店を駆逐する時代はとっくに終わって、今は大規模チェーンが小規模チェーンを呑み込む時期になってますね。

【追記】
コナカって関西以東しかないんですね。福岡の人は「コナカじゃないの?」って気付かないんでしょうね。ってことは、実家に居た頃に聞いてたのを覚えてたってことか。もう13年も離れてるのに。
[PR]

by keta_m | 2005-07-01 12:31 | ビジネス

ベンチャー育成だよ!   

2004年 11月 26日

興味深い。

kumazeさんからトラバ。

Ketaの故郷の隣町、浜松にある優良企業、浜松ホトニクスが大学院を設立するとのこと。ホトニクスは半導体、ナノテクノロジー、バイオなど先端技術分野で定評のある企業です。高校の同級生も働いてます。

Excite 浜松ホトニクスが大学院

「産官学連携で新産業を」なんてよく聞きますが、官が主導しても立派な建物が建ってゼネコンが儲かるだけなので、こういう民間企業の試みは非常に楽しみです。民間企業が教えたほうが、収支の合う会社経営なんかも教えてくれそうだし。

Ketaもベンチャー企業創業者の一員なんですが、ベンチャーの倒産や廃業って多いんですよね。技術はあっても、経営能力や営業能力のない会社が多くて。
[PR]

by keta_m | 2004-11-26 14:47 | ビジネス

Jは参入しないって言ってたのに   

2004年 10月 29日

ほりえもんへ

Jにも参入!? ライブドアがJ2鳥栖買収へ

サンケイか・・・。信憑性に疑問がありますね。ま、それは置いといてコメントを。

以前、ネット上のどこかで見た対談で、堀江社長は「Jリーグには参入する気はない。プロ野球団は無駄な金をたくさん使っているので、経営見直しをする余地が多いが、Jリーグは黒字のところが多い」みたいなことを言ってましたけど・・・。

堀江社長が儲けたのはIT分野じゃなくてM&A(企業買収)です。儲かってない会社を買って、黒字転換させる。内部の人間では分かっていてもしがらみや付き合いで出来ない大鉈を振るっての大胆なてこ入れも、外部から来た人間はやってしまう。日産をゴーン氏が立て直したのも、一番のポイントはここじゃないかと。

無駄が多い会社を狙うということで、こんな話を本で読んだことがあります。ある経営コンサルタントの人が、「名刺にお金をかけすぎている会社を候補にする。名刺1枚に100円もかけている会社は、他にも色々な無駄をしている。こういう会社は経費削減のしがいがあるので、結果が出やすい。」と言っていたそうです。堀江社長がJに参入しないのも、発想は似てるな、と思いました。

あ、でもサガン鳥栖なら建て直しの余地があるかもなぁ。鳥栖スタジアムという日本一アクセスが良く(なんとJR鳥栖駅の目の前)、25,000人収容のスタジアムを持っている。鳥栖周辺の人口はたかが知れているが、130万都市の福岡市から十分に人を連れてこれる。博多駅から特急でわずか25分、二枚切符で往復たったの1,600円。交通の便の悪い博多の森よりも却って行きやすいのだ。つまり、集客力のあるチームになれば、かなりの集客を見込める下地はあるのだ。
もっとも、サガン鳥栖の経営者にもこの程度は分かっているだろうが、何しろ金が無い。10億円のお金で有力選手を2年間集めることが可能なら、それ以降は黒字を維持することも難しくは無いだろうが、その10億円がない。10億円を出す資金力がある堀江社長なら「サガン鳥栖をJ1に昇格させて黒字化」も可能かもしれない。

とりあえず堀江社長がするべきことは、今までの「世間の反感を買うことをわざと言って知名度を上げる作戦」が限界に達したので、「意外といい人じゃないの?」路線にキャラを変えることでしょうね。あ、そういう意味でも「サガン鳥栖を救う」ってのはイメージアップになっていいのかな?
[PR]

by keta_m | 2004-10-29 00:13 | ビジネス

「一見さん」獲得失敗   

2004年 09月 22日

先週の水曜日、急にアクセスが増えたんですよ。

b0005286_248332.gif


ライブドアのダーツブログで、アクセス多そうな方からトラバがあったせいじゃないかと思います。良いんで金曜まで普段よりアクセス多かったけど、その後は普段とあんまり変わらなくなったんですね~。

新規のお客さんが来るというチャンスは時々ある。でも、それをリピーターにするのは難しい。それを再認識しました(泣)
[PR]

by keta_m | 2004-09-22 02:50 | ビジネス

売上高だけ見てる営業マン   

2004年 09月 14日

システム構築SEのKetaは、いろいろな会社と連携して仕事をしますが、よく驚くのが売上高(受注金額)しか考えてない営業マンが多いこと。

「1000万円の案件だけど、100万円の赤字」なんてのを平気で取って来てしまう。もちろん、途中でトラブルがあって最終的に赤字、というのはたまには起こってしまうのは仕方ない面はあると思う。でも、最初からどうみても赤字にしかならないであろう仕事を取って来る人も少なくない。

「受注金額から仕入額を引いたら、30万円しかない。そこから構築費用と送料など雑費を出す。構築は2人がかりで2週間」なんてどう見ても赤字でしょう。

開発系の会社だと、「遊ばせておくなら単価が安い仕事でもやらないよりマシ」という理屈もありますが、「他社から仕入れた機器を売るのに赤字」でやるなんて、自殺行為です。右肩上がりの経済成長期は、仕事さえ取れば利益はついてきたんでしょうけど、今は粗利計算しないと赤字出しつづけますよ。

「損して得取れ」なんて言葉もありますが、これはお客さんによります。毎回損させられるお客さんは相手にするべきではないと思うのです。うちの会社は基本的に一つ一つの案件で利益を出すようにしています。今後の発展が期待できる場合でも、せめてトントンになるようにはしてますね。
[PR]

by keta_m | 2004-09-14 10:44 | ビジネス

IT業界の資格について   

2004年 09月 10日

あちこちから「Ketaさん空いてませんか」と問い合わせ殺到の売れっ子エンジニアのKetaです。

コンピュータ関係の資格って多いですよね。でも、Ketaは一つも持ってません(笑)。でもあちこちから引っ張りだこです。その秘密は?

技術屋さんを探すときの流れとして、

1.技術者を欲しがっている会社が必要なスキルをリストアップし、「こんな人いませんか」と呼びかける
2.条件に合う人のスキルシートを送る
3.良さそうなら面接し、金額の折り合いがつけば決定。

スキルシートには、氏名や年齢などの情報と、持っている資格と業務実績が書かれています。業務実績が充実していると資格がなくても意外とすんなり決まってしまいます。歴戦のツワモノだと資格なしでも結構いけてしまうんです。もちろん、持っているにこしたことはありませんが。
サーバ構築の技術者の場合は、今までにインストールや設定をしたOSやアプリなどを書いておくのも効果的です。こう見ると色々やってますねぇ。これだけあると、「この人は、初めて触るアプリでもマニュアル読んでなんとかできそうだ」と思わせることもできます。

b0005286_1793068.gif


新人の場合は業務実績はありません。よって、資格が有効となります。でも、資格を持っていても合格した後にすっかり忘れてしまっているようでは仕事の役に立たないのです。後輩達には、「資格を取る為に勉強してちゃダメだよ。後々の仕事に役立つように、ちゃんと理解しようね。」と言っています。医者や弁護士のように、「資格を持っていないと仕事ができない」職種とは違うので、「持っていること」よりも「出来ること」が重要なのです。
[PR]

by keta_m | 2004-09-10 17:13 | ビジネス

変わりつつある国立大学   

2004年 08月 25日

 昨日、ある企業交流会に参加してきました。最初、Ketaの母校の教授がプレゼンを行いました。
 この教授、会社の取締役研究所長になっています。電話会社と組んで、新しい無線LAN技術を使った事業を展開中とのこと。
 国立大学が法人化し、国からの研究費は減り続けています。「研究費は自分で集める」というスタンスで教授は動かなければならない時代になってきているのです。

 その分、規制は緩和されています。昨日は、株式会社産学連携機構九州の方とも名刺交換しましたが、大学と企業の橋渡しをする企業です。大学の敷地内にあります。

 こういう傾向には大賛成です。そもそも工学というのは、製品になって研究は完成するものだと思っています。理論で終わるのなら理学部と変わらない。社会に役立ってこその工学です。でも、これまでの教授は学会で発表するだけで終わってしまうことが多かった。昨日会った教授が「珍しい」と言われなくなって欲しい。他の教授たちも同じように「製品化」をゴールとしてほしい。
[PR]

by keta_m | 2004-08-25 13:22 | ビジネス