<   2005年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

訪問者30,000人突破   

2005年 12月 31日

みなさんのおかげで、訪問者数累計が30,000人を突破しました!

b0005286_13481086.jpg


およそ17ヶ月での達成です。一日平均58人程度です。ダーツの01のアベレージよりちょっと上です(笑)。

昨日は132人とアクセスがかなり多かったです。なんでだろう?みんな年末で暇だからかな(笑)。

b0005286_13482333.jpg

[PR]

by keta_m | 2005-12-31 13:53 | 日記

実家に帰りました   

2005年 12月 31日

b0005286_134469.jpg

今日、実家に帰りました。おみやげは明太子と長浜ラーメン。結構ベタですね。
飲んだ後にマスクメロン食べてます。静岡のメロンはおいしいですよ!

追記
ある理由で市場に流通できないメロンなので(もちろん品質には問題ありませんが)、格安で買えるメロンです。なんと1000円台。
[PR]

by keta_m | 2005-12-31 01:34

30日に帰省するってば。   

2005年 12月 30日

28日の夜というか日付が変わって29日にナジームに行きました。

久しぶりにNちゃんと対戦しました。半年位前に外野に騒がれてムカっときたからハット出して瞬殺してしまったNちゃんです。

いや~、うまくなりましたね。そして俺は下手になった・・・・。

301-クリケで3回対戦しました。1回目は先攻ハンディあげて、本気で投げてなかったので負けました。まあ、それはいいんですが、その後はちゃんとコークもして本気でやったのにメドレー2回負けました・・・。トータル3連敗・・・・・。

また明日4時に来るから(4時って午前です。中洲で働いてるらしいので)、また遊んでくださいねって・・・・いや、実家に帰るから無理!

といったのですが、「寝ないでそのまま帰ればいいじゃないですか」とみつるが気楽に言います(怒)。まだ風邪が完治してないのに!

「明日は無理だよ」という気持ちを込めて帰りがけ(午前9時だったかな?)に「よいお年を~。」って言ったのに、「何言ってるんでか、また明日」と言われました。

知らん顔するつもりだったのに、名古屋に転勤したNさんから携帯に「なにしてるんですか?」とメールが入ったので、つい「ん~、今から行きます」と返事してしまいました。ということで、今からナジームに行きます・・・。新幹線で寝ればいいか。

私信:みつるへ
近日中に国のNEET支援に反対する記事を書く予定(というか、本当はこれじゃなくて、その記事を書くはずだった)です。別に昨日会ったNEETのせいじゃないです。元から思ってたことを書くだけだから。
[PR]

by keta_m | 2005-12-30 00:15 | ダーツ

ジュビロの今シーズンを振り返って   

2005年 12月 29日

リーグ戦が終わったときに書こうかな、と思ったのですが、天皇杯が終わってからにしようと保留してました。

「リフォームするのが最適だったビルを壊して建て直そうとしてしまった。途中で失敗したと思ってリフォームに方針変換したが、大事な柱を1本すでに売り払った後だった。」

こんな感じでしょうか。山本監督就任前のジュビロは、立派だけどちょっと老朽化が進んでいたビルのような感じだったでしょう。リフォームの必要はあったが、更地にする必要はなかったでしょう。

「ポゼッション重視のパスサッカー、どちらかと言えば中央突破が多い」から「長身FWをターゲットにサイドからボールを放り込むサッカー」に大転換を行ったのが失敗かと。長年積み重ね、磨き上げてきた「ジュビロのサッカー」を急に変えるのは無理です。

山本構想に不可欠だったチェ・ヨンスが怪我をしたことによって、チームの解体に歯止めがかかって「ジュビロらしさ」を残したまま選手を少しずつ入れ替えて世代交代を徐々に進めていく形になったと言えるかも知れません。怪我の功名って所でしょうか。1億円のブレーキです(笑)。

リフォームに方針変換したことで、シーズン後半には若手が混じりつつもジュビロのサッカーが出来てきた気配はあったのではないでしょうか?

しかし、一番の気がかりは「勝ちたい」という気持ちが強かった頃と比べて明らかに希薄になっていると感じることです。90分もの時間、走り続けることを求められるサッカーはメンタルスポーツの面もあります。ドゥンガの注入した闘魂が薄まってきているような・・・・。カレンなんかは諦めない気持ちが伝わりますが全体的に見たら・・・。

今はいい方向へ進んでいるとは思います。負けるのに慣れてしまった気持ちを引き締め、チームの完成度を上げていって欲しいと思います。
[PR]

by keta_m | 2005-12-29 20:43 | ジュビロ磐田

だから昼の仕事だってば・・・・酔っ払い姉さん大暴れ   

2005年 12月 28日

今日はいい夢見てたのに、いい場面で目覚ましに起こされました。夢の中でも女運がないとです。どんな夢かは聞かないでください(>_<)

月曜日、行きつけの居酒屋に行きました。いつも通りにカウンターに座ると、男女で飲みに来ているお客さんが居ました。女性の方はかなりいい気分で酔っ払ってるようで、「女性はみんなレイプ(されたい)願望がある」と力説し、店員のYさん(八重歯のキュートなお姉さん。残念なことに人妻w)にしきりに同意を求めてました(笑)。

で、そのお客さんにホストだと思われたみたいです・・・・・。髪は茶髪だけど長くは無いし、ごく普通のスーツ着てるのに。それに夜の12時ってホストは仕事してるんじゃない?ダーツバーでも「え?ketaさんって昼の仕事だったんですか?」とか言われたことあるけど・・・・。

酔っ払いお姉さんのマシンガントークは続きます。
[PR]

by keta_m | 2005-12-28 13:51 | 日記

ニュースピックアップ   

2005年 12月 27日

気になるニュースをピックアップ。
k_milliardさんの「認定」あなたは中核派の仲間ですで見つけた記事から。

扶桑社教科書の不採択運動 中核派、深く関与

新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の中学歴史・公民教科書の不採択運動で、過激派の中核派が市民運動を偽装して深く関与していたことが、警察庁と公安調査庁がそれぞれ公表した今年の「治安の回顧と展望」「内外情勢の回顧と展望」で分かった。

知っている人は知っていたでしょうけど、警察庁と公安が正式したことは意味があるかなと。「杉並区親の会」のメンバーでも、幹部が中核派と知らずに参加してたおばちゃんとか居そうだし(笑)。

でも、この記事をスルーするマスコミが多いだろうから、せっかく発表してもあんまり世の中には知られないかなぁ。

k_milliardのコメント
>でも、偽装されていて中核派だなんて知らなかったからといって、彼女達に同情は出来ませんねぇ。
>少なくとも、批判している教科書ならザッとでも読んでから自分の頭で良し悪しを判断すべきだし、そういう運動に参加するからにはそれによって生じる結果にも「一参加者」とは言え、ある程度の責任はあるはずですから。

同感です。教科書を読まずに反対しているような人が多い。無知は罪です。ジュネーブ条約第一追加議定書59条を読まずに無防備地域宣言の署名をしている人以前の記事で紹介しましたが、こういう不勉強な人を利用して中核派などの暴力団体は日本の共産主義化を狙っているのです。気をつけましょう。

-----------------------------------------------------------
中国農民、2600年ぶり“年貢”から解放

中国の農民は税金を払わなくてもいいということでしょうか?農業以外の人からの税金だけで賄うってことか・・・・。先富論で取り残された農民の不満を緩和するための処置ということでしょうかね?
農民の不満を解消するには、税をなくすのではなく、共産党員の横領収賄を取り締まり、環境汚染対策をすることが大切だと思いますが。
税金が足りなくなったら、また日本にたかろうとしそうなのが心配です。

-----------------------------------------------------------
徴兵逃れるため?21歳が父親を毒酒で殺害…韓国

男は「父親が死ねば、軍隊に行かなくて済むと思った」などと供述しているという。

あんた馬鹿?軍隊に行く代わりに刑務所に行くことになりました。少し考えれば分かりそうなもんだが・・・・。兵役なら2年で済んだのに、親を殺したらそんなもんじゃ済まないでしょうね。
[PR]

by keta_m | 2005-12-27 11:13 | 政治・国際・社会

起きたら昼前だった・・・・と思ったら・・・・   

2005年 12月 27日

24日に9年連続シングルベルの偉業を達成し、乾燥機の排水があふれ出して床が水浸しになり、天皇杯の中継を見逃し、しかも不調のエスパルスに負けてて、トドメに風邪を引いたという悲惨な週末を送ったketaです。おはようございます。

今日、起きてみたらカーテンの隙間から入ってくる光が妙に明るい。あれ?と思って時計を見たら11時45分。普段は寝坊したとしても、目覚ましが鳴った記憶はあるのに、今日は全く聞いた覚えが無い。と思ったら携帯が鳴り出す。

あんまり遅いから「どうした?」と電話がかかってきたのかと思い、電話を取ると7時15分にセットしたアラームでした。電話が鳴るまでは夢だったようです。変な夢見たなぁ。

先日は「着替えて仕事に行く夢」を見ながら眠ってて寝坊しましたけど。
[PR]

by keta_m | 2005-12-27 10:00 | 日記

血と骨 梁石日(ヤン・ソギル)著   

2005年 12月 19日

犬の頭が捨てられた事件で、この本を思い出しました。たけしが映画化したことでも話題となった作品です。

血と骨(上下巻) 梁石日(ヤン・ソギル)著 幻冬舎

著者の父をモデルとした在日朝鮮人一世、金俊平の一生を描いた作品です。巨体と腕力に物を言わせて周囲をねじ伏せながら成り上がっていく金俊平。そして肉体の衰えと共に没落していく波乱の一生です。

何とも言えない勢いと言うかパワーというか、そういった物が満ちている作品です。でも、読み終わって「結局、何が言いたかったんだろう?」という印象も持ちました。

と書いていたら、ふと気付きました。これはきっと「恨(ハン)」なんだ、と。恨(ハン)について統一日報の解説を引用します。

「ハン」は漢字で「恨」と書かれるので日本語の「恨み」と同じような概念だと思われているが、そうではない。「恨み」は相手に対して抱くものだが、「ハン」は多くの場合、自己の中で醸すものである。
 この「ハン」を成立させている情動は、「あこがれ」だと私は思う。自分にとって理想的な状態、あるべき姿、いるべき場所・・・さまざまな理由で、そういうものから離れてしまっている、そのときに、韓国の人は「ハン」を心の中に積もらせる。つまり、理想的な状態、あるべき姿、いるべき場所への「あこがれ」と、それへの接近が挫折させられている「無念」「悲しみ」がセットになった感情が、「ハン」なのである。
 韓国語には「あこがれ」という固有語がない。「憧憬」という漢字語を使用している。「あこがれ」という重要な固有語が存在しない理由は、この「ハン」という言葉が「あこがれ」の意味を兼ねているからに違いない。


父に対する恨(ハン)、恨み、憎しみなどを吐き出したのがこの作品ではないだろうか。単に憎しみだけではなく、上記の解説にあるような「あこがれ」と「無念」が入り混じった感情も滲んでいる。金俊平は暴力的で自己中心的で全体的には悪く書かれているものの、反面羨ましがっているように感じる場面もあった。父に関する複雑な感情を吐き出したものだから、「物語り全体のテーマ」が明確でないのは頷ける。

ところで、犬の頭を捨てた在日韓国人男性ですが、こんなことをしていました。

・共有スペースに勝手に冷蔵庫を置く
・鍋で何かを煮込み、異臭を放つ

うーん、血と骨の主人公である、在日朝鮮人の金俊平とそっくりです。彼も長屋の共有スペースに蒲鉾製造の材料や資材を積み上げ、自作の滋養強壮食品を作るときに悪臭を放って近所から苦情が出ても聞く耳を持ちませんでした。朝鮮人の典型例なのでしょうか。

この本以外の梁石日の作品もいくつか読みましたが、出てくる朝鮮人にはこんな特徴があります。

・すぐに興奮して大声で口論する
・口論で済まずに殴りあいになる
・法律より感情が優先
・すぐに他人のせいにして開き直る
・身近な人以外には非常に排他的
・人を騙す事に罪悪感はない。騙されるほうが悪い

韓国、北朝鮮のニュースを(TVや反日新聞のフィルタを通さずに)見ると見えてくる「朝鮮人像」と一致します。

梁石日は作品中に「強制連行」とか「創氏改名で日本名の強制」などと、在日がよく言う「嘘」を所々に散りばめています。おだやかながらも「反日民族主義」的な考えを持っていると思われるのですが、彼から見ても朝鮮人ってそうなんだろうな、と思います。


ワイドショーでは「ごみ屋敷」や「騒音おばさん」などを嬉々として取り上げてますが、今回の犯人容疑者は在日韓国人なのですぐにTVから姿を消すでしょう。朝日は相変わらず「食肉業者の男性」と韓国籍であることを隠しています。更に「中国料理店などに卸す」と”韓国”の臭いを消す力の入れよう。犬肉の卸先は韓国料理店の方が多いだろうに。

ちなみに各新聞社の扱いはこうでした。

東京新聞・・・・輸入販売業の韓国籍男性が食肉の為に輸入
毎日新聞・・・・犬の肉を扱う食材輸入業者の男性が韓国系などの料理店に販売
日経新聞・・・・食肉販売業を名乗る男性
読売新聞・・・・輸入販売業の男性が料理店に販売
産経(共同)・・食肉業の男性が食用として販売
朝日新聞・・・・食肉業者の男性が中国料理店などに卸す

mumurさんの犬の頭部を川に捨てた男性から事情聴取より

あれ?書評から随分逸れてしまった。ま、いいか。
[PR]

by keta_m | 2005-12-19 13:49 | 読書

SHERIDAN'S、うまい!   

2005年 12月 18日

SHERIDAN'Sというコーヒーリキュールがあります。こんなやつ。

b0005286_21313935.jpg


あんまりい見たことがないのではないでしょうか?日本では売られてないそうです。コーヒーリキュールと言えばカルアが有名ですが、カルアよりずっと美味い!なんていうか、コーヒー自体の美味しさが違うんだろうなぁという感じです。

教え子が海外旅行のお土産で貰って、美味しかったので自分の新婚旅行先で見つけてまた買ってきたそうです。

※ネットで探したら、いくつか売ってるサイトがありました。
[PR]

by keta_m | 2005-12-18 21:37 | 酒・カクテル

12月17日・久々に飯塚市で飲みました   

2005年 12月 18日

昔の家庭教師の教え子と、久しぶりに飯塚で飲みました。

教え子がビースポットで8時20分からギターを弾き語りするとのことでしたが、少し早く着いちゃったのでダーツでも投げようかと羽屋へ・・・・。と思ったら、7時になっても開いてない!そういえば、羽屋のU★G(ゆーじ)君が近くに店を出してたと思って、そちらへ。Rudie's cafeというお店です。広い店内に3台のダーツマシンとハードダーツが1台。カウンターの奥はオレンジ色にライトアップされてていい雰囲気です。時間が早いのもあって、ダーツの相手が居ませんでしたが、1時間ちょっとビールとカクテルを飲みながら楽しい時間を過ごしました。

時間が来たので、ビースポットへ移動。ketaの教え子、教え子のギターの師匠であるウエダタケシ君、ピアノ弾き語りの女性ミュージシャンの鳴(めい)さん、ストリートで歌っていたランドセルと演奏が続きました。「今日は実力派揃いなんですよねぇ。なんで俺が弾くことになったかわからないんですよ。」と教え子が言ってた様に、上手い人ばかりで楽しめました。生の音楽っていいですね。

もう一軒ちょっと顔を出し、12時半頃にタクシーで教え子の新居へ行こうとしたら、雪のせいでタクシーがつかまらない!!しばらく待ったけど、無理そうだったので時間をずらそうということでゆーじ君の店へ。1時間弱ほど飲んだり投げたりした後、再びタクシー探しに。

しかし、またタクシー待ちの人が増えてきて、30分ほど待ってもつかまらず・・・・。その時、外はこんな感じ。

b0005286_21235053.jpg


寒さが限界になった頃、お客さんを見送りに来たゆーじ君に見つかり、「なにやってえるんスか?中で待ってていいですよ。」と言われたこともあり、本日3回目のRudie's Cafe(笑)。ホットコーヒーで温まり、今度は通りを眺めて、タクシー待ちの人がいないのを確かめてから店を出ました。今度は3分でタクシーゲット!もう3時半でした(T_T)

その後、教え子のアパートで飲みなおしました。
[PR]

by keta_m | 2005-12-18 21:30 | 日記