<   2006年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧   

第8節 ジュビロ磐田 3-0 サンフレッチェ広島   

2006年 04月 16日

ホームゲーム、BSで生中継と負けそうな予感のした試合でしたが、さすがに最下位サンフレッチェには快勝でした。ほっとしました。っていうか、こんなにドキドキしなくて済むようになって欲しいのですが(笑)。

しかし、秀人が前半0分に先制ゴールなんて、誰も予想しなかったでしょうね(笑)。

木村和司さんも言ってましたが、サンフレッチェのボールへの寄せが遅かったのに助けられた面もありますが、ジュビロもいつもより良かったですね。

やはりワントップとしては前田の方がカレンよりかなり上ですね。でも、カレンもせっかく伸びてきたのにこのままワントップを続けると出番がないのかな~。高原が帰ってくるとの噂も出てるようですし、そうなったら出番ないですね。もったいないな。

太田と船谷が両サイドから中央に入ってくることによって、前線の人数不足がかなり解消されてましたね。成岡も飛び出してチャンスを作ってましたし。あと、福西が珍しくやる気だったみたい。ワールドカップが近いからか?

いい感じで勝ったので、次につなげて欲しいところですが、次節の対戦相手はジェフ。今シーズンは不調なんだけど、勝てる気がしない・・・・。
[PR]

by keta_m | 2006-04-16 19:53 | ジュビロ磐田

弁護士の良心って?   

2006年 04月 13日

弁護士に関する記事ですが、「犯罪を助長しているか」と「弁護士の良心とは?」に分けてみました。

刑事事件に関しては、弁護士にとって犯罪者=お客様となります。弁護するのが仕事なので、犯罪者の側に立って刑が軽くなるように努力する、っていう仕組みなんですが・・・。

先日も触れた光市の母子殺害事件などは、自分の快楽の為に若い女性を強姦した後に殺し、一緒に居た11ヶ月の赤ん坊を殺した人間です。しかも全く反省せず、遺族を侮辱する手紙を書いています。

ただでさえ、性犯罪や快楽殺人は再犯の率が高いのに、反省していないとなれば出所すればまた罪を犯す可能性は非常に高いと思います。犯罪に詳しい弁護士が知らないとは思えません。弁護士の方も、弁護対象の犯罪者に対して「こいつ、またやるだろうな」と内心思うこともあるのではないでしょうか。

光市の例では、安田弁護士は「今の裁判長だと死刑は確実だから、出頭拒否して裁判長の任期切れを待とう。次の裁判長は死刑にしないかもしれない」と引き伸ばしをしています。そんな卑怯な手を使ってまで凶悪犯を世間に放ちたいのでしょうか。人間としての良心があるとは思えません。

犯罪者を弁護するのが仕事としても、こういう人間をまた世間に戻して被害者をまた作ることに抵抗はないのだろうか?と思ってしまいます。まさか全ての犯罪者が更正すると思っているのでしょうか?だとしたら、あまりにも非現実的です。

現在の法律では、殺した人数が一人なら決して死刑にはなりません。「またやりそう」な人間がかなりの確率で世間に戻ってくることになります。「次の犠牲者を出さない」だけでも死刑には価値があると思うのですが。
「冤罪だった場合に死刑は取り返しがつかない」というのは理解できますが、冤罪は考えられない場合でも滅多に死刑にならない現状では根拠になってないと思います。
[PR]

by keta_m | 2006-04-13 22:21 | 政治・国際・社会

日弁連の発言は金儲けのためか 再整理   

2006年 04月 13日

「加害者第一」の弁護士 犯罪者(=お客様)は神様です?との記事を書いたところ、弁護士志望の方から貴重なコメントを頂きました。上記の投稿と返信コメントに色々詰め込みすぎて論点がぼやけてしまったように思いますので、整理したいと思います。

・前回の記事を投稿した動機
以前から日弁連の一連の発言に違和感を感じていました。犯罪抑制に繋がる法案等にやたらと「人権」を盾に反対する姿勢、「被害者の人権」を無視していると感じる「加害者の人権保護」などです。
「法曹界という特殊な世界に居るために、一般国民の民意とかけ離れている」だとか、「弁護士が非常識だから」との説明を聞いても、本当にそれだけだろうか?と思っていました。

先日の「たかじんのそこまで言って委員会」で弁護士がテーマになった時、上記のような意見も出ましたが、「金儲けのため」との意見も出てきたときに、「犯罪の助長=マーケットの拡大、リピーター確保」と経済の視点から見ると筋が通るのではないかと思ったのです。金儲けの為に「きれいごと」を言って犯罪を助長しているのではないかと。

※安田弁護士の引き伸ばし工作については、別問題として切り離した方が良かったと反省しています。コメントを頂いたので、それに返答して余計に論点が絞れなくなってしまいました。この件は別記事にします。

1.犯罪の助長は弁護士の利益となるか

コメントで、次のようなご指摘がありました。

・犯罪者の多くは経済的に恵まれていないので国選弁護に頼っている

 最新の情報は見つかりませんでしたが、2002年末の情報で75%を越えようとしているとのことでした。

・国選弁護人の報酬は安く、赤字

 こちらは「地方裁判所における標準的事件(3開廷)で8万5600円」のようです。しかも資料に必要な手数料の大部分と交通費は自腹とのこと。3開廷ってのは、裁判所に3回行くということですよね?準備にもっと時間がかかるし、まともに弁護しようと思ったら赤字になるでしょう。

また、調べていると罪状によって国選・私選の割合が随分違うことがわかりました。

・殺人,傷害致死,贈収賄,強姦・同致死傷,税法違反,公職選挙法違は私選が多い

 動機が「金に困ったから」ではないから、裕福な犯罪者が多いんでしょうね。


これらを整理してみます。

・外国人犯罪者を入りやすくしても窃盗や強盗が多く、国選弁護の可能性が高いので儲からないと思われる
・殺人、強姦、脱税など「金に困って」ではない犯罪が増えると儲かる

絶対数から考えると、犯罪を増やすことで弁護士が儲かるとは言いにくいように思えます。匿名さんのご指摘通りかな?と思いました。金儲けのためじゃなく、単に非常識で民意と乖離しているだけかな、と。

が、ここで一つ気になる記事を見つけました。福岡市の現役弁護士の方のブログより

ところで最近は弁護士でも国選弁護人に登録しない人が増えています。福岡県弁護士会では7~8割程度の登録率だと思いますが、東京だと3割程度の登録率という惨憺たる状況だとか。
弁護士会の会長でさえ国選弁護をしない弁護士がいるのですから、もはやコメントしようがありません。

なるほど。国選弁護をしない弁護士にとっては、犯罪が増えることにメリットはあってもデメリットはない。こういう義務を果たさない弁護士が「金のために犯罪を助長」している可能性はあります。日弁連のお偉いさんの内、国選弁護人に登録していない人の割合が分からないと何とも言えませんが・・・。

日弁連のお偉いさんと一般の弁護士の間でも、意見に差があるのかも知れませんね。

とにかく、「国選弁護報酬の増額」と「国選弁護の登録義務付け」をするべきだと思います。
[PR]

by keta_m | 2006-04-13 22:05 | 政治・国際・社会

みつる、誕生日  キワモノ大集合!   

2006年 04月 12日

今日はみつるの誕生日らしいので、ちょっとだけナジームへ行ってきます。

29歳になるのかな?もうすぐ三十路だね!

【追記】
みつるの誕生日に、素敵なプレゼントが!ラーメン羊羹、ジンギスカンキャラメル、イカチョコ、トドカレーとキワモノが大集合です。プレゼントしたのは、りえごんの実の妹のまりちゃんと義理の妹のけいちゃん。ヴィレッジバンガードで売ってるらしいです。

・ラーメン羊羹
一口目は甘い。後からラーメンの味がおっかけてきて、甘みと見事な不協和音を奏でますorzいっそ、甘くなければまだ食べれた気がする。

・ジンギスカンキャラメル
いやぁ、ジンギスカンの味だ。これも一口目は甘いけど、後からジンギスカンの味が来ます。これもかなりまずい。

・イカチョコ
噛むと味が混ざって嫌な感じ。まずはチョコレートをなめてから、裂きイカを食べたほうがいけるかも。っていうか、そんなことするなら別々に食べたほうがいいと思った。

みつる、愛されてるね~。

ケーキとか、普通のプレゼントもありましたよ。イチさんなんて2リットルのモエ・エ・シャンドンのシャンパンと太っ腹なプレゼントだったし。

【更に追記】
そうそう、ハットトリック1回出ました。ブログのタイトルは「今夜は」にしておけそうです。あんまり出ないと「今夜こそ」に変えろと言われるので(笑)。
[PR]

by keta_m | 2006-04-12 21:47 | ダーツ

鯨を食べよう!   

2006年 04月 11日

事故多発なぜ 相次ぐクジラ目撃 回遊ルート…避けられず 高速船衝突

先日のビートルに続き、今度は鹿児島で鯨と旅客船の接触事故です。

水産庁遠洋課は「クジラは短期間には急増しない。事故増加との関係は分からない」とする一方で「商業捕鯨が一時停止されて約20年たち、クジラが増えているのは間違いない」とも指摘する。

鯨は増えすぎています。船との衝突も問題ですが、魚を食い尽くしてしまうことも問題です。

鯨類が1年間に世界で食べる餌の量は2.8から5億トンにのぼり、これは、世界の海で人間が獲っている魚の量(9000万トン)の3~6倍にあたります。(中略) 但し、世界の海洋における現生の鯨類は81種類の内、資源量が推定されているのは35種(推定のため用いられた種数)に過ぎず、全ての鯨類で考えれば、実際はクジラが世界で食べる餌の量は5億トンより多い量と思われます。

餌の全てが魚ではありませんが、統計から漏れている分を考えたら、魚だけでも5億トン位食べてるんじゃないか??捕鯨して食べれば、魚資源の保護にもなります。

もちろん、全ての種類の鯨が増えすぎている訳ではないので、全面解禁は問題があるでしょう。日本も調査捕鯨として少しだけ捕っていますが、増えすぎている種類に関しては、商業捕鯨を認めて枠を大幅に広げるべきです。

最近、反捕鯨国もかなりトーンダウンしているようです。もう一押しして、商業捕鯨再開にこぎつけたいですね。
[PR]

by keta_m | 2006-04-11 12:36 | 政治・国際・社会

「加害者第一」の弁護士 犯罪者(=お客様)は神様です?   

2006年 04月 10日

昨日、『たかじんのそこまで言って委員会』で弁護士の話が出てきました。

光市の母子殺害事件の弁護士が「引き延ばし工作」のために安田弁護士が欠席した件なども取り上げられ、弁護士と一般国民の考えに大きな隔たりがあるとの意見が出ていました。安田弁護士は死刑判決を出すと見られる現裁判長が5月で任期切れとなるので、6月まで引き延ばそうとしているのです。

また、「弁護士は何のために働いているか?」の議論もされました。

橋本弁護士は、自身も弁護士ですが「金のため」と大多数の弁護士を批判。「社会正義のために働いている弁護士は1000人中に3人程度しかいない」と。弁護士が金のために働いているとすると、安田弁護士の卑劣な引き延ばし工作や日弁連の言動も納得できます。

日弁連、やたらと「人権」という言葉を振りかざして犯罪者を擁護したがります。被害者や遺族の人権なんて無視です。日本をどうしてしまいたいのか?と首を傾げてしまいます。
しかし、「金儲けのため」でやってるとなれば、刑事事件の場合、犯罪者は弁護士にとっては大切なお客様なのですから。

「刑務所を居心地良くし、刑罰を軽くする」、「入国する外国人から指紋等の情報を取ることに反対し、犯罪発生率を増やす」といった発言も「商売」と思えば辻褄が合ってしまうのです。

上で挙げたようなことを行えば、犯罪の抑止力が弱まります。弁護士から見ると「マーケットの拡大」です。また、刑期が短ければ出所してまた犯罪を起こす「リピーター」が確保できます。大もうけじゃないですか。被害者を切り捨てれば、ですがね。

冒頭で触れた光市の事件の犯人は、女性を強姦して殺し、傍に居た11ヶ月の赤ん坊を叩き殺し、まったく反省していない外道です。「勝ったな、無期懲役は確実」「遺族は調子乗りすぎ」と友人に手紙を送っています。

死刑廃止論者は、こんな奴をまた娑婆に出したいのでしょうか。(無期懲役といっても、実際に死ぬまで刑務所に居るケースは少なく、まだ24歳の犯人はいずれ仮釈放される可能性が高い)。快楽殺人犯、性犯罪者は再犯の可能性が非常に高い犯罪者です。弁護士にとっては「リピート率の高い上客」ってことですか?

明治になった時に、「犯罪者は法が裁く」とのことで仇討ちが禁止されました。仇討ちが許されないのなら、法が納得のいく裁きをしなくてはならないのです。
[PR]

by keta_m | 2006-04-10 12:58 | 政治・国際・社会

第7節 FC東京 3-1 ジュビロ磐田   

2006年 04月 09日

前節勝って、2勝2分2敗の7位と順位も上がり、間に挟まれたナビスコカップではいつ以来か忘れてしまった逆転勝ち。順位の近いFC東京との一戦は今後のジュビロを占う試合となると思っていました。

でも、完敗でしたorz

いつも通り、サイド攻撃に過剰にこだわり、せっかく放り込んでも受ける人がカレンしか居ない悪循環。数少ない収穫といえば、先制された直後に1点返したことと、村井が中央へ入り込んでの得点だったことでしょうか。左サイドに居るだけじゃなく、場合によっては中央へも攻め込む。ジュビロの選手らしいじゃないですか。

3点取られてからは必死で攻めて、得点にはなりませんでしたが、いい形で攻め込んでましたね。もっと早くから押し上げれば却って失点しなかったと思うんですけどね。
[PR]

by keta_m | 2006-04-09 23:01 | ジュビロ磐田

ま・え・だ! ま・え・だ! 2トップに戻して欲しいが・・・   

2006年 04月 07日

ナビスコカップで前田が30分だけですが復帰。待ってたよ~!!試合も2-1で勝ちました。

試合は放送されなかったのですが、前田が1トップに入るとボールが収まりやすく機能していたとの噂が聞こえてきます。裏へ飛び出すタイプのカレンと違って、ワントップにも使える選手ですからね。

前田が完全復活したら、2トップに戻すのかな。その方が強いと思うのですが。

でも、ちょっと嫌な予感がしています。山本監督って、「サイド攻撃原理主義者」なんですよね。その為に昨シーズンは村井とチェヨンスを獲得。サイドからのボールを長身FWに放り込むサッカーを目指しました。チェの怪我で嫌々ながら元のジュビロサッカーに近い形に戻して、順位も上がった昨シーズンでした。

で、サイドからボールをたくさん上げるために1トップ&4バックにしたってのが基本的な発想なのではないかと。サイドからボールを上げることに固執する余りに受け取ってシュートすることを二の次にしてしまっているのでは?「手段のために目的を忘れる」に陥ってしまっているんじゃないかと。

だとすると、ずっと1トップ&4バックでシュートまでいかない試合が続いてしまうのでは。杞憂ならいいんですけど・・・・・。

おまけ
ジュビロでも活躍したGKのディドの息子がマリノス入団。ハーフナー・マイクです。息子はFWなんですね。
身長はなんと194cm!父同様、帰化して日本人になっています。でも、それだけの長身で体重は75kg。うーん、もっと肉をつけなきゃな。ディドはかなりがっちりした体躯だったんだけどな。
[PR]

by keta_m | 2006-04-07 23:35 | ジュビロ磐田

成分解析 それって純金? ジュビロはやっぱり微妙   

2006年 04月 07日

bluecatさんの私もやってみました、成分解析。にトラバ。最近、あちこちで見かけますね。

ちなみにトラバ先のbluecatさん、本名でやると52%が「やらしさ」で出来てるとか・・・・・。ブログではそんな風には見えないのに実は意外と??(失礼)

ketaの成分解析結果 :

ketaの55%は純金で出来ています。
ketaの30%は食塩で出来ています。
ketaの13%は税金で出来ています。
ketaの2%は玉露で出来ています。


純金とか玉露とか、なんだかゴージャス!でも、55%が純金ってのも変な感じ。全体としては45%も不純物が入ってるから、純金じゃないだろって突っ込みたくなります(笑)。

今夜はハットトリック!の成分解析結果 :

今夜はハットトリック!の49%は勢いで出来ています。
今夜はハットトリック!の19%は厳しさで出来ています。
今夜はハットトリック!の18%はミスリルで出来ています。
今夜はハットトリック!の7%は月の光で出来ています。
今夜はハットトリック!の5%は祝福で出来ています。
今夜はハットトリック!の1%は白い何かで出来ています。
今夜はハットトリック!の1%はかわいさで出来ています。


半分が勢い(笑)。厳しさも多めですね。確かに怠惰なプレーをする選手や嘘つきな中国韓国には厳しいです。
5%が祝福で出来ているそうで。皆様、応援ありがとうございます!

*****の成分解析結果 :

*****の45%は赤い何かで出来ています。
*****の20%は蛇の抜け殻で出来ています。
*****の11%は知識で出来ています。
*****の11%は乙女心で出来ています。
*****の5%は株で出来ています。
*****の3%は血で出来ています。
*****の3%は嘘で出来ています。
*****の1%は毒電波で出来ています。
*****の1%は着色料で出来ています。


本名です。赤い何か・・・・・。むしろ赤(共産主義)は嫌いなんですが。
蛇の抜け殻が20%ってorz 歩くとガサガサ音がしそうです。
11%もあるとは、何気に乙女チックです。
血が3%って、瀕死の紫龍よりずっと少ないのですが、生きてるんでしょうか。
自分では「半分はやさしさ」で出来てると思ってたので残念です(笑)。

** ***の成分解析結果 :

** ***の43%は知恵で出来ています。
** ***の25%は成功の鍵で出来ています。
** ***の15%は波動で出来ています。
** ***の7%は血で出来ています。
** ***の6%は媚びで出来ています。
** ***の2%は株で出来ています。
** ***の1%は野望で出来ています。
** ***の1%は魔法で出来ています。


名字と名前の間に全角スペースを入れてみました。知恵と成功の鍵が主成分。なんかすごいぞ!これから名前を入力するときには極力全角スペースを挟むことにします!とか言ってすぐに忘れそうだけど。

ジュビロ磐田の成分解析結果 :

ジュビロ磐田の62%は微妙さで出来ています。
ジュビロ磐田の27%はツンデレで出来ています。
ジュビロ磐田の10%は知恵で出来ています。
ジュビロ磐田の1%は鉛で出来ています。


最後に我らがジュビロ磐田。やっぱり微妙なんだ(笑)。今のジュビロをよく表しているような。
[PR]

by keta_m | 2006-04-07 18:10 | 占い・診断

第6節 トリニータ 1-2 ジュビロ   

2006年 04月 02日

いや~、今日も勝ちきれないかと思いました。追いつかれたときには「またか」と思ってしまいました。

今日は菊地がよかったな~。ボランチの位置から飛び出しての先制点、決勝点につながるミドルシュートはもちろん、守備に攻撃に大活躍でしたね。ファブリシオも効いてましたね。元々能力はあるし、馴染んできたら活躍するとは思いましたが。

成岡が途中出場で仕事しましたね。いい位置に張っていたましたね。そこから素早い飛び出し。二代目「やれば出来る子」となるか?いや、日頃から出来て欲しいですけど。

これで2勝2分2敗。今日は勝ったことが何よりの収穫でしょう。次節で勝てるかどうかが重要になりそうです。

太田のコメント
>疲れました。でもそれをすることによってチームに勢いが出ると思いますし、それが与えられた仕事だと思っているので、しっかりアシストも出来ましたし、結果的に勝てたので非常によかったと思います。勝ったので、これでようやくいいスタートを切ってここから一気に勢いに乗って行けたらいいと思います。

今日はいつもと比べたら運動量の失速がなかったかな~と。太田の頑張りも貢献していたでしょう。太田とカレンはシュート1本だけだったんだな~。ちょっと意外ですね。

【4月3日追記】
湯浅健二さんのコラムで久しぶりにジュビロの試合が紹介されていたのですが・・・・・。トリニータのシャムスカ監督がいい仕事しているって内容だけでしたorz
ジュビロが強かったころには、ほぼ毎試合ジュビロを中心にコラムが書かれてたんだけどな~。

土曜日の夜に仕事で知り合った友達から電話があったのですが、着信に気づかずに出ませんでした。後から聞いたら、「大分で○○と××と飯食ってたから電話したのに。△△もちょっと来たよ。」とのこと。3人ともジュビロの選手で現代表と代表経験者。うーん、惜しいことをしました・・・・。
[PR]

by keta_m | 2006-04-02 21:36 | ジュビロ磐田