<   2006年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

第16節 ジュビロ磐田 0-2 清水エスパルス そんなに急には変わらないか   

2006年 07月 30日

さて、静岡ダービーです。会場はエコパだけど、アウェイ。清水より磐田の方が近いじゃん。

前節、足を痛めて「次は様子を見て、ですね」と言っていたマコが休み、大井が先発。真ん中2人が大井と珍圭というスリル満点なディフェンス陣です。右が秀人じゃなくて「うっかり」の多い茶野というのも、ドキドキです。

マコと秀人の変わりに、多いと茶野って時点で2失点は仕方ないかってのが正直な感想です。まあ、いつまでもそれじゃこまるけどね。

攻撃も残念ながら無得点でしたが、以前のように得点のにおいがしないほどではなく、タイムアップ直前まで1点でも取ろうと攻めた姿勢は、しばらく見られませんでした。

まあ、リーグの中では負けることもあるわけで、内容的に前より良くなってる感触はあるし、それほどがっかりはしていません。

ただ、左サイドバックが出来るのが服部しかいないのは辛いところです。上田に変わってから、左からの攻撃がなくなってしまいました。服部はベテランで、試合が続く時のフル出場はきついでしょう。ここは何か考えないとなぁ。
[PR]

by keta_m | 2006-07-30 21:14 | ジュビロ磐田

福原愛、中国のアナウンサーに泣かされる   

2006年 07月 27日

最初に聞いたときは、「いい年して、プロにもなったのに、まだ泣いてるのか。成長しないガキだ」と思ったのですが、実際に見たらかなりひどかった。

動画へのリンクも張っておきますが、下に文章にも残しておきます。

愛ちゃんを泣かせた中国のアナウンサー

アナウンサー「愛さんは1日でたくさんお金を稼ぐというのは本当ですか?」

愛「それはでたらめです。」

アナウンサー「本当はどうですか?」

愛「お金のことは全然分かりません。まだ学生ですし。今、財布の中には300円しかないです。本当に儲けていたら1000円くらいはあるでしょう」

アナウンサー「ご両親は愛さんのために仕事まで辞めたと聞きました。『今は愛さんが一家を養わなければならない』と。プレッシャーは感じませんか。」

(困った顔をして、通訳の方を見る愛。中国語が分からないというより、信じられない質問に聞き間違いじゃないかと確認している様子。)

愛「どういう意味ですか?」

アナウンサー「もし嫌ならこれ以上聞きません。」


アナウンサー「普段よく泣きますか?」

愛「まあまあ、普通です。」

アナウンサー「練習で泣かないのにこの質問では泣きましたね。


アナウンサー「2008年の北京オリンピックに向けて抱負は?」

愛「まだありません。」

そう言いきれますか?」

愛「まだ3年もあります。考えても仕方がありません。」

アナウンサー「中国の人たちは心配しています。」

愛「どうして?」

アナウンサー「中国で強くなったあなたが中国選手に勝ったら、メンツがたたないからです。」

愛「中国のチームは強いです。私は中国で訓練を受けましたが勝てません。もし中国に来ていなければ1ゲームも勝てないですよ。」

アナウンサー「愛さんはいつチャンピオンになれますか?」

愛「もちろんスーパーリーグでなります。」

アナウンサー「なれますか?」

愛「(困った顔をして)なれませんか?」

(嬉しそうに、下品な笑顔になるアナウンサー)

アナウンサー「愛さんはどう思いますか?

愛「私はなれると思うけど、あなたは?」

アナウンサー「愛さんが入ったことで遼寧省は優勝できないかも知れません。

愛「(意を決したように)私のチームは優勝できます。」


う~む、なんという民度の低さ。さすが中国です。「生意気な日本人を懲らしめてやったアル!」って喜んでるんだろうな。本当に下品だ。

まあ、中国へ行くのなら、ここでテーブルを蹴飛ばして帰る位の覚悟をしてから行くべきだとも思いますが。でも、最後に「優勝できます」と力強く言ったところは成長したんでしょうね。で、試合のほうも勝ったそうです。

もっと勝って、中国人のくだらねぇメンツなんて潰してしまえ!
[PR]

by keta_m | 2006-07-27 21:04 | 特定アジア(中韓朝)

山笠の写真   

2006年 07月 27日

7月15日、飯塚山笠の追い山に出たことは以前に書きました。今日は写真を紹介しようかと思います。

まずは、東流れの飾り山です。昔はこんな高いのを実際にかついでたそうですが、今は電線が邪魔で通れないため、低いものになっています。

b0005286_20251630.jpg


個人が特定できない程度のサイズにしてますので、ご了承ください。

写真を見る
[PR]

by keta_m | 2006-07-27 20:33 | 日記

第15節 ジュビロ磐田 3-1 横浜FM 前田の胸シュートに中山魂を見た   

2006年 07月 27日

前田の2ゴールなどで磐田が快勝/J1

ああ、快勝という文字がこんなに気持ちがいいなんて。

仕事からまっすぐ帰ったけど、キックオフに間に合わず。TVをつけたら前半7分、得点は・・・0-0。よかった、まだ失点してなかった(笑)。いや、前節がアレだったから。

今日は気分がいいから長文だぞ
[PR]

by keta_m | 2006-07-27 12:01 | ジュビロ磐田

次期総理 福田にしろと 部外者が   

2006年 07月 26日

おもしろいAA(アスキーアート)見つけました。

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 先生! クラスの学級委員長は、福田君がいいと思うアル!
\___ ______________________
      V 
     ∧∧
    / 中ヽ∩      ∧_,∧∩ 先生、隣のクラスの子が紛れ込んでます・・・
   _(*`八´)ノ -3   _(;´∀`)ノ 
  ||\∪ ̄ ̄\   ||\∪ ̄ ̄\ 
  ||\|| ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄|| 
     .|| ̄ ̄ ̄||      .|| ̄ ̄ ̄|| 


さて、福田氏は総裁選に出ないとのことですが、まだ油断は出来ないと思います。

総裁選に出ないと宣言
    ↓
福田待望論が盛り上がる
    ↓             No
勝つ可能性が出てきたか? → やっぱり出ない
    ↓ Yes
そんなに求められているのなら出よう

こうなる可能性があるかもしれません。もしそうなら姑息だし、そうでないにしても以前は出るつもりだったのに勝ち目がなくなったから戦わずに逃げたわけです。いずれにしても、一国の首相に相応しい人物ではありません。
週刊誌の記事なので、どこまで信じられるか分かりませんが、中国のハニートラップにすでにかかっているとの話も出ています。
そうじゃなくても、「誰がなっても一緒」とか「居なくてもいい」という昔の総理大臣に戻ってしまうことは確かです。まともな国に戻ろうとしているのに、止めてはいけない。

上のフロー、何かに似てるな~と思ったら、

球団解散宣言
    ↓
続けて欲しいとの声が上がる
    ↓                非難
継続希望と非難どちらが多いか? → 解散
    ↓継続希望
涙を流して球団の継続を発表
[PR]

by keta_m | 2006-07-26 08:00 | 政治・国際・社会

鉄板焼 さざんか   

2006年 07月 25日

ホテルオークラ福岡(博多リバレインの隣)2階にある、鉄板焼のさざんかへ行ってきました。下期の延長が決まったketaを社長がねぎらってくれました。T丸さんとT川さんも運良く同行。

カウンターに座ると、目の前の鉄板で焼いてくれます。

夏の特選ディナー 2名様 31,500円

さ、3万円!あ、2人でか・・・・。って、それでも1人15,000円だよ。いいんですか?では、遠慮なく。ってことで贅沢させてもらいました。

前菜が出た後、まずは野菜。玉葱、オクラ、マッシュルームをバターと塩コショウで焼きます。

続いて伊勢海老。生きてます。2人で1匹、贅沢に食べます。ああ、それで2人前単位なんだなぁ。新鮮でうまい。ミソもうまい。

b0005286_12491947.jpg


写真を撮ってないけど、活鮑が出てきました。うーん、これもバター風味。飽きてきたら、抹茶塩をつけると、さっぱりしてまた美味しく食べられます。

口の中がバターでくどくなって来たので、ここで口直し。アルコールを飛ばした日本酒のシャーベット。甘さもほとんどなく、とてもすっきりしました。

そしてメインイベント。鹿児島産黒毛和牛のサーロインステーキです。写真ではわかりにくいかもしれませんが、700gほどあり、大迫力。4人分です。

b0005286_1250620.jpg


さすが高級肉。脂の甘みがじゅわーっと広がって・・・・・。幸せ~。じっくり揚げたガーリックスライスと肉を一緒に食べると、また違った味わいも楽しめます。

続いてガーリックライス。ステーキの脂身部分を少し残したものをカリカリに焼いて、ガーリックライスに混ぜ込み、有精卵の卵焼きを乗せます。普段は酒を飲んだらご飯や麺を食べないketaですが、せっかくなので食べました。

冷やした緑茶と抹茶アイスのデザートでフィニッシュ。食べてるだけで幸せな気分になりました。


1人前5,250円のお手軽な(?)コースからあります。これなら自腹でもたまになら行けるかな。
[PR]

by keta_m | 2006-07-25 12:58 | 飲食

第14節 ジュビロ磐田 3-1 セレッソ大阪   

2006年 07月 23日

前半0分にいきなり失点した時にはどうなることかと・・・・。ピンゴっていい選手だね~。

失点のショックからか、前半の途中まではかなり押されてました。でも、立ち直ってきたところで西が飛び出し、福西とのワンツーから同点ゴール。珍しくガッツポーズで喜ぶ西。長い距離を走っての素晴らしいゴールでした。

前半の前半はセレッソ優勢、前半の後半はジュビロ優勢、トータルでは互角といった感じで前半は終わりました。

さて、後半に入るとセレッソがずるずると下がって、ジュビロが圧倒的に押し込みました。前節のとき、仕掛けの起点がボランチにしかないので、どうしたらいいだろう?とこんなことを書きました。

・4バックなんだし、クロスを上げるのはDFに任せる
 うーん、本職のサイドバックいないから精度に難あり。これをするなら、山西が居たらよかった

・成岡にゲームメイクさせる
 西が左に開くことが多いから、成岡がゴール前へ飛び出さなくなったら、またワントップ孤立状態になりそう

・ボランチがもっと上がる
 あの福西がそんなに走るだろうか?


1と3はかなり出来ている感じでした。服部と菊地のオーバーラップからクロスの上がる場面が多くありましたし、福西とファブリシオがかなり前のほうへ上がってワンパスでゴール前へボールが出ていました。

ただ、これが出来たのはセレッソのプレッシャーが大宮と違って非常に弱かったせいなんですよね。強いチーム相手に出来るかどうかが問題です。でも、前線のポジションチェンジはかなり流動的でバランスも大宮戦より良かったですね。ちょっとは期待してもいいかも。一番心配なのは、福西が次もあんなに動くかどうかです(笑)。
[PR]

by keta_m | 2006-07-23 17:57 | ジュビロ磐田

昭和天皇陛下がA級戦犯合祀に不快感?   

2006年 07月 21日

「昭和天皇がA級戦犯合祀に強い不快感」と朝日をはじめ反日メディアは大喜びですね。

だが、ちょっと待って欲しい(朝日新聞の得意技(笑))。

そもそも、このメモ自体が本物かどうか疑わしいと思っているのですが。2003年11月に死んだ人(富田朝彦)が20年前に書いたメモが、なんでこの時期に公開されるのかなぁと。不自然じゃないですか?「総裁選に向けて、福田を総裁にしたい人たちが造った」ことも考えられると思うんですよ。当事者がいずれも故人のため、「死人に口なし」。ばれやしないだろうと。

中国や韓国の不当な要求に屈せず、当たり前の主張をするようになった日本。小泉総理の大きな功績の一つです。その流れを続けようとする安倍さんが次期総理の最有力候補。まともな日本人ならうれしいことですが、それでは困る人も多いのです。

・今まで通り日本から金を毟り取りたい中国
・ODA利権で潤っていた国会議員、商社、土建屋
・故橋本龍太郎のように中国に弱みを握られている国会議員
・単純に日本が嫌いな反日思想日本人

などなど。当の福田は

福田康夫氏、自民党東京ブロック大会欠席の意向

 福田康夫元官房長官は、28日に東京都内のホテルで開かれる自民党東京ブロック大会への欠席を決め、党東京都連会長の石原伸晃元国土交通相に伝えた。都連は20日の大会実行委員会で対応を協議し、なお福田氏に出席を求める方針を確認したが、福田氏が翻意する可能性は低い。
 大会では、ポスト小泉候補とされる安倍晋三官房長官や谷垣禎一財務相らによるパネルディスカッションを予定しており、安倍氏らのほか与謝野馨経済財政担当相も招待。外遊中の麻生太郎外相もビデオで参加する。

 ブロック大会は、9月の党総裁選を盛り上げようと自民党が全国で開催するもので、東京ブロックが第一弾となる。党内では、福田氏は8月15日に小泉純一郎首相が靖国神社に参拝するかどうかを踏まえて出馬を判断するともみられているが、東京大会への招待を断ったこともあり、福田氏が出馬しないとの見方も強まっている。


ディスカッションから逃げたな。議論したらボロが出るから、喋らせない作戦か。今後の展開は、

昭和天皇陛下も不快感を示されたA級戦犯合祀、参拝へ批判が高まる
      ↓
それでも8月15日に小泉総理が参拝
      ↓
高まる参拝反対の声=安倍支持率低下、福田待望論の高まり
      ↓
世論に押されて(本当は予定通りだけど)総裁選へ福田出馬

こんなストーリーを描いているんじゃないでしょうか。



と書いていたら、若手(?)整体師の独り言さんの記事あまりにも胡散臭すぎを読んだところ、日経から出てきたのは、日経社員のインサイダー取引のニュースを目立たなくしたい意図もあったようです。

また、tonoさんのコメント

昭和天皇は、三木首相の公式・私的という迷発言の昭和50年以来参拝を中止されていたが、合祀はその3年後ではないですか。??
あれ以来?「あれ」とは、何のことを仰っておいでなのでしょうか?
少なくとも「あれ」が「合祀」では日本語としての辻褄が合わないのです。

元長官とは、A級戦犯と呼ばれた方の合祀された年に就任され、天皇が「あれ以来参拝していない。それが私の心だ」と仰せられたと言う年に退任しているのですね。何とも偶然なタイミングですね。


そうか、そもそも陛下の参拝中止は合祀より前でした。「あれ」って朝日新聞が靖国問題を「政治問題化」したことじゃないのか?確かにあれは「不快」だろう(笑)。

「昭和天皇 靖国合祀に不快感」に対する疑惑まとめサイトVer0.3β
http://vortex.milkcafe.to/nikkei.html

素直に読むと、陛下の発言じゃなくて藤尾(文相)の発言に見えますが。そもそも陛下の発言かどうかすら怪しくなってきました。

突っ込みどころ満載。大スクープどころか、整体師さんが書かれたように「第2の永田メール」レベルに思えてきました。
[PR]

by keta_m | 2006-07-21 12:58 | 政治・国際・社会

第12節 ジュビロ磐田 1-2 大宮アルディージャ   

2006年 07月 20日

山本ジュビロ時代も負けなかった数少ないお得意様、大宮に負けちゃいました。

ところで大宮って結構人材豊富なのね。いつの間に・・・

GK 20 荒谷 弘樹
DF 22 波戸 康広
DF 17 土屋 征夫
DF 2 奥野 誠一郎
DF 5 冨田 大介
MF 15 斉藤 雅人
MF 19 片岡 洋介
MF 8 小林 大悟
MF 16 久永 辰徳
FW 30 桜井 直人
FW 33 グラウ

波戸、土屋、久永といった他チームで経験豊富な選手を集めてます。更に怪我で欠場の藤本、ベンチには吉原宏太も。そしてbluecatさんの腰に手を回したスケベジュビロで活躍したグラウ。

で、小林大悟と桜井マッハ直人がいい仕事してます。観戦したオシムの「今日はよかった」はジュビロではなくこの二人に向けられたものでしょうorz

気を取り直して試合を振り返ってみる
[PR]

by keta_m | 2006-07-20 12:58 | ジュビロ磐田

オーストリアは対中先制土下座   

2006年 07月 20日

北朝鮮ミサイル基地への先制攻撃について盛り上がっている今日この頃ですが、泉幸男さんのブログでこんな記事をみつけました。


6月21日の The Wall Street Journal
野党の豪労働党 Michael Danby 議員が書いたもの。
(注:豪州の現与党は自由党です。)


<< My fear is that the current Australian government has gone too far in the direction of appeasing China, and has adopted what I call the policy of the "pre-emptive kowtow.">>

「わたしが懸念するのは、オーストラリアの現政権が中国との宥和の方向に行きすぎて、
わたしの言い方でいえば『先制土下座』政策をとるに至っていることであります。」


先制土下座は日本の媚中派の専売特許ではなかったようです。ただ、オーストラリアは国益のために融和していますが、日本の媚中派は土下座してまで国益を損ねているので天と地ほどの差がありますが。

さて、泉さんが「先制土下座」と訳した「pre-emptive kowtow」にひっかかりました。pre-emptiveは先制として、kowtowって?コウトウ、もしかして叩頭のことか?

出てこないだろうと思いながらもネット上の英和辞典で調べてみたら、

     三省堂提供「EXCEED 英和辞典」より

うわ、出てきたよ。本当に叩頭だった。英語になってるんだなぁ。驚きです。

「三跪九叩」という言葉をご存知でしょうか。三回跪(ひざまず)き、九回叩頭するという中国伝統の皇帝に対する礼です。
清朝末期、欧米列強に植民地化され、国といえる状態でなかったにもかかわらず、欧米の全権大使にもこの三跪九叩を要求したそうです。この期に及んで「皇帝は世界の中心である」と考えていたので、世界の中心から遠く離れた蛮族が皇帝に跪くのは当たり前との考え。あまりの勘違い、世間知らずっぷりに怒りや失笑を買いました。

そんな衝撃的(笑劇的?)な出来事もあり、欧米には該当する言葉がなかったので、そのままkowtowという単語になったのかもしれませんね。
[PR]

by keta_m | 2006-07-20 12:45 | 政治・国際・社会