<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

毎日新聞の青木恵美記者、奈良県南の産婦人科を根絶   

2006年 12月 27日

妊婦死亡 町立病院産科休診へ
今年8月、奈良県大淀町の病院で、妊婦の容体が急変し、ほかの病院に次々に受け入れを断られた末、大阪の病院で死亡した問題で、この奈良県の病院が来年3月いっぱいで出産の扱いを取りやめることになり、県南部で出産を扱う病院がなくなることになりました。

奈良県大淀町の町立大淀病院で、今年8月、高崎実香さん(当時32)が出産中に意識不明になり、ほかの19の病院に受け入れを断られて大阪の病院まで運ばれ、出産後に脳内出血で死亡しました。町立大淀病院では常勤の医師1人とほかの病院から派遣されている非常勤の医師2人のあわせて3人で、年間150件ほどの出産を扱っていますが、関係者によりますと死亡した高崎さんの出産にあたっていた常勤の医師が退職する意向を示したということです。
病院は、ほかに常勤の医師を確保するめどが立たないことから、来年3月いっぱいで出産の扱いを取りやめ産科を休診にするということです。
退職の意向を示している医師は、「産科のスタッフが少なく、肉体的に負担が大きい」と理由を説明しているということですが高崎さんの死亡がきっかけであることも関係者にほのめかしているということです。
奈良県内には出産を取り扱う病院が26ありますが、県北部に集中しており、これによって県南部で出産を扱う病院がなくなることになります。


この妊婦さんが亡くなったことはTVや新聞でも騒がれた件なので、多くの方が記憶に残っているのではないでしょうか。出産中に意識不明になり脳内出血という不幸な出来事だったのですが、これをマスコミが揃って「医療ミス」と決め付けてバッシングを続けました。中でも「6時間放置していた」と誤報道をしたのが毎日新聞の青木恵美記者です。マスコミの常ですが、誤報道だったことが分かっても訂正も謝罪もしません。今も平然とピンボケ署名記事をのうのうと書き続けています。他人の責任を追及するくせに、自らは全く責任を負わない、気楽な商売です。

このマスコミのバッシングが元で大淀病院の産科医が辞めてしまうそうです。なんとなら県南部には産科がなくなるとのこと。無医地区となったせいで、今後どれだけの母子の命が失われることでしょうか。

今回トドメを刺したのはマスコミなんですが、保険診療点数をなんとかしないと小児科・産科不足は解消しないでしょうね。小児科や産科は医者から見ると割に合わないんですよ。
[PR]

by keta_m | 2006-12-27 12:34 | マスコミ

イーグルスアイとナジームをはしご   

2006年 12月 24日

久しぶりに用事のない土曜日でした。昼間は天皇杯を見て、夕食を食べた後、このまま寝るのもさびしいなと思ってイーグルスアイとナジームをはしごして、朝に帰ってきました。イーグルスアイに行ったら、よく見かけるお客さんがこのブログを見て、ネームカードのぼかし入り写真でketaだと分かったとのこと。ダーツの話、あんまり書いてなくて悪い気がしました。

で、ここを見つけたのがイーグルスアイで検索したからだそうで。googleで「イーグルスアイ 福岡 ダーツ」で検索かけると確かに今夜はハットトリックが一番上に出てきます。せっかくなので宣伝しておきましょう。

カラオケ&ダーツ イーグルスアイ

中洲大通りと明治通りの交差点の所。ミスタードーナツの交差点と言えば中洲通には分かりやすいでしょうか。ミスドの斜め向かい、一階に牛丼の松屋が入っているビルの5階です。ダーツは4台、うち2台がライブです。

「今夜はハットトリックを見た」と言うとドリンク一杯サービス・・・になったりしません。
[PR]

by keta_m | 2006-12-24 23:35 | ダーツ

京都社員旅行 2日目 というか琵琶湖観光   

2006年 12月 24日

さて、京都のホテルが取れずに大津に泊まることになった社員旅行。「初日の宴会が終わったところで解散、ホテルは全員シングルルーム、2日の新幹線の時間に京都駅集合」というかなり自由度の高い旅行です。

「せっかく大津に泊まったんだから、何も混んでる京都に行かなくても琵琶湖観光しようか。」と思ったketaは、レンタカーか観光タクシーで観光することを考えて、同士を募集。

・京都には何度も行っている
・少々金がかかってもいい
・混んでるのは嫌い

この条件に当てはまるメンバーを社内から選ぼうと思い・・・・総勢5人のメンバーとなりました。10人乗りのジャンボタクシーを6時間チャーター。運転席、助手席を除いても8人乗れるスペースに5人しか乗ってないゆったり空間で落ち着いた旅行を楽しみました。

・神社の下がり松

神社の名前は忘れてしまいましたが、そこにあった下がり松。1本の松から直径10mほどありそうなほど広がっていました。

b0005286_2252893.jpg


・浮御堂

琵琶湖にせり出して建てられた浮御堂です。

b0005286_2293013.jpg


浮御堂から眺めた琵琶湖大橋。

b0005286_2294210.jpg


・琵琶湖大橋

地図を見ると分かるのですが、大津市は琵琶湖の南の細くなった部分の先。大津から琵琶湖を見ても細くなった狭い部分しか見えないのです。せっかく琵琶湖観光をするのなら、琵琶湖の広い方も見たいよね。

琵琶湖大橋横の道の駅に居た猫がかわいかったので、とりあえず撮影。

b0005286_22121511.jpg


琵琶湖大橋を走りながら撮影。欄干が邪魔で見にくいですが、水平線が見えています。琵琶湖大橋まで行かなきゃこの景色は見れませんでした。行ってよかった。

b0005286_22135021.jpg


・日吉大社

日吉大社の門。斜めと正面のアングルから。写真を撮り忘れたけど、木製の狛犬が居ました。珍しいですね。

b0005286_2216332.jpg


b0005286_2216134.jpg


そしてこの旅行で一番の期待はずれ、飛竜の滝。

b0005286_22185991.jpg


これって滝?推定落差1.3mといったところでしょうか。滝に打たれることもままなりませんorz

あ、そうだ。ここの参道で鮒寿司を売っている店がありました。後で食事したところでも土産として売ってたのですが、1匹で4000円位するんですね。ちょっと食べてみたかったのですが、値段とサイズを見て断念。切り身とかで1000円位で買えたらよかったんだけどなぁ。

・慈眼院

比叡山のお坊さんは、昔は死ぬまで山に篭っていたそうですが、江戸時代初期に「年取ったら、きついよ。」ということで定年制を導入。引退僧の住む院が坂本の町に30以上できたそうです。現在でも19残っていると言っていたような。これはその一つで、公開されています。

拝観料450円と、大津にしてはちょっと高いな、と思ったのですが、30分つきっきりでガイドしてくれました。見所も多く、写真撮影可と気前がいいので、元は十分取った感じです。穴場かも。

天海の鎧がありました。

b0005286_22324239.jpg


比叡山の僧から家康の裏で暗躍する政治家として活躍した天海僧正。こんな鎧まで用意して殺る気満々だったのが昔の僧侶です、信長の比叡山焼き討ちで被害者面するのはおかしいですね。宗教を政治利用している公明党みたいなものでしょうか。

・三井寺

たくさんの国宝がある三井寺。大津で一二を争う観光名所じゃないでしょうか。中にはたくさんの塔や堂や寺があります。中にはこんなのも。

b0005286_22374742.jpg


微妙寺って・・・・微妙。

三井寺の鐘は日本三大名鐘に挙げられている鐘です。一発300円で撞けるとのことで、ketaとT丸さんで一発ずつ撞いてきましたよ。いい音がしたし、鐘にまつわる説明の書かれた小冊子も貰えて、十分元取った感じです。

国宝の金堂は残念ながら屋根の葺き替え工事中でした。桧皮葺きの屋根です。檜の皮を何層にも重ねて屋根を作ります。その材料として剥がしているのでしょう、境内の檜はみんな皮がなくてツルツルでした。そのうちアメリカあたりの植物保護団体が「桧皮葺きは植物を虐待する残虐な行為だ」とか言い出すかもしれません。「檜はとてもかしこい植物で・・・・」なんてね。彼らも商売ですから、何かの保護を訴えていないと商売あがったりですからね。

弁慶の引き摺り鐘。引き摺った痕がついています。が、どう考えても1人で引き摺れる重さじゃないので、ガイドしてくれた運転手さんの言うとおり作り話でしょうね。これ、今の鐘の前に実際に三井寺で使われていたそうです。

b0005286_22434086.jpg


京都はやっぱり混んでいたそうだし、大津も見ごたえがあったし、大津をタクシーで観光したのは正解だったと思います。
[PR]

by keta_m | 2006-12-24 22:46 | 日記

京都社員旅行 初日   

2006年 12月 24日

旅行に行ったのは結構前になるのですが、まとめる暇がなかったので今更ながら社員旅行の旅行記でもつけようかと。ってクリスマスイブに暇なんかいorz

・博多駅から新幹線で京都駅へ

社長がどうしても4列シートの「ひかりレールスター」がいいというので、新大阪でわざわざ乗り換えました。確かにシート広いけど、のぞみの方が早く着くし、乗り換えの手間を考えたら1時間くらい違うのでは??
そして明石あたりでアクシデント発生。線路内にどこかのクソガキが2人入り込んだとのことで、新幹線が緊急停止。30分ほど遅れて到着となりました・・・・。社内では「新幹線の停止」でテリーマンの話が盛り上がりました(笑)。テリーマンって物知りだけどバカだとか、日本のことにやたら詳しいとか。そこでketaは「そりゃ、額にUSAじゃなくて米って書くほどの親日家だよ。日本に詳しくて当然」なんていいました。

・貸し切りバスで三十三間堂へ

1000体の千手観音で有名な三十三間堂。観音様の手前には仏像がたくさん並んでいます。T丸さんが迦楼羅王の像を見て「あの口じゃ笛は吹けんよなぁ。まあ、神様のなさることだから人智を超えた何かがあるんやろう」などと言ってました。確かにくちばしで横笛を吹くのは難しそうだ(笑)。

・竜安寺

続いて竜安寺へ。石庭が有名ですが、あまりに人が多すぎてゆっくり眺める気にもなれませんでした。昔行った時は空いてたので、10分ほど眺めたんですけどね。
池のほとりからの景色が良かったです。夕方でちょっと暗くなってたので、写真ではイマイチですが。

b0005286_21264547.jpg


有名なつくばい。真ん中の四角を口に見立てて「吾唯足知」(われただたるをしる)と書かれています。

b0005286_21265849.jpg


・滋賀県大津市のホテルへ移動しチェックイン

京都は観光シーズンまっさかりで、40人の団体が泊まれるホテルが取れませんでした。で、一山越えた滋賀県大津市での宿泊となりました。宴会前にチェックインするはずだったのですが、ここでもトラブルが。ものすごい渋滞でバスが進まず、急遽山科駅で降りて電車での移動に切り換えました。ホテルは大津駅のくっついているb otsu(ビー大津)なんか、ボツって読みたくなるんですが。綺麗でお風呂が広めで、なかなか良かったですよ。

・京都へ戻りがんこ高瀬川二条苑で宴会

がんこ高瀬川二条苑ですが、山県有朋の別邸を使っているお店です。大人数の宴会ということで、離れ貸切で宴会をしました。風情のある庭を通って離れへ。

b0005286_21405443.jpg


メインは牛しゃぶです。

b0005286_2142289.jpg


高台寺のライトアップ

実は今回のメインイベントかも?高台寺のライトアップです。ライトアップされた木々が手前の池に映る様子がとても幻想的です。この日は風があり、水面が波立っていたので3年前に見たときほどきれいに映らなかったので、ちょっと残念。

b0005286_21452840.jpg


b0005286_21454067.jpg


この竹も素晴らしいですね。

b0005286_21455252.jpg


その後、天下一品のラーメンを食べました。こってりラーメンって味噌とんこつ?ドロドロの不思議なスープでした。たまには、こういうのもいいかな、と思いました。

その後、社長が学生時代に住んでいた寮が通り道だったので、ちょっと覗いてきました。30年前に建てられた寮はまだ現役でした。当時は最新の設備だったようですが、風呂なしトイレ共同の寮なので、今は留学生向けとなっていました。
[PR]

by keta_m | 2006-12-24 21:52 | 日記

天皇杯準々決勝 ジュビロ磐田 3-3 浦和レッズ (PK戦 9-10)   

2006年 12月 24日

おお、今日の試合はBSで生中継だ!って、どう考えてもジュビロの試合だからじゃなくて、レッズの試合だからだな。会場も埼玉だし。天皇杯って途中から「勝ち残ってそうなチームの、強そうな方」が試合会場になってるもんな。

さて、天皇杯といえば

・J2の柏相手にPK戦までもつれ込み11人も蹴ってやっと勝利
・大宮相手に押されっぱなしで1本のシュートで1-0で辛勝

とグダグダの勝ち方をしてきたジュビロです。すごく嫌な感じです。

レッズは怪我人を使わず温存、ということでJリーグ最強FWのワシントンや三都主、トゥーリオはベンチにも入っていません。対するジュビロはスタメンではマコとヨシカツが欠け、主にベンチスタートだけど頼れるベテランの中山と服部が居ません。レッズの永井や相馬は力のある選手なので油断は出来ませんね。特に相馬なんて総合力では三都主より上じゃないかと思います。

何かと不安だったのですが、意外にもジュビロは好調な滑り出し。浦和の守備がいつもより甘いとは思いますが、それにしてもジュビロがいい仕掛けを見せてます。お前ら、大宮戦では何してたの?船谷と西が代わった以外はメンバー一緒なのに。試合は終始ジュビロペース。主にファブリシオ、ときどき菊地がボランチの位置でいい守備をしているので、他の選手が安心してポジションチェンジが出来る感じ。太田が大胆に左サイドに動いたり、その分福西がゆっくりとw右へ動いたり。いいじゃないですか、ジュビロのサッカーらしいですよ。

でも点が入らないなぁ。このまま攻め続けて点が入らないとカウンターで失点なんてことになると流れが変わってしまう、と思っていたら前半31分に犬塚のクロスを前田がフリーでヘディングし、先制!
その直後にもCKの場面で前田が移動しながら上手く頭で合わせましたが、わずかに枠を外れました。そして前半は1-0で終了。

そして後半スタートからレッズは小野投入。守備もまとまってきたなと思っているうちに前田がヘッドで落としたところを福西が走りこんで左足でゴール!後半開始早々に2-0とリードを広げました。

ところがここからは完全にレッズペース。ジュビロは一方的にやられ、永井と小野に9分、18分と立て続けに失点してしまいました。その後10分位、一方的にやられっぱなし。こういうところが若さかなぁ。こんな時に「常勝時代」を支えたベテランが居れば1失点で済んだ様な気がします。そんな貴重なベテランである服部に移籍話が出ているのは痛いです。

その後、やっと押し返したと思ったところで秀人が足を痛め、その隙を疲れて3失点目。なんともアンラッキーな失点です。秀人を下げると最後の交代枠を使うことになり、個人で突破できる福西と西を下げてしまったジュビロ。これは難しいかな、と思っているうちに前田が持ち込んでDFともつれて倒れたところへ犬塚が走りこんで角度のないところからゴール!おお、一瞬で追いついた!前田が倒されながらも相手DFをファールを取られない程度に邪魔してしたのもポイント高いです。

そして3-3のまま延長戦へ。両チームとも残った力を振り絞って戦いましたが得点ならずPK戦へ。延長戦でファブリシオが献身的に走っていたのが印象的でした。スタミナあるんだなぁ。太田、菊地、前田あたりは元々スタミナがあると思っていたのですが。

死力を尽くした試合だったので、PK戦はどっちが勝ってもいいかな、と思っていました。が、洋平がせっかく止めたのに動くのが早かったと言いがかりをつけられて蹴りなおしに。リプレーで見たけど、あれで早いか?ここで「どっちが勝ってもいい」という気持ちは吹き飛び、洋平の為に勝って欲しい!と思いました。が、お互いに決め続け、10人目の犬塚が外してしまい敗戦。あ~、悔しい。

PKを外してしまった犬塚ですが、今日は1得点1アシストの活躍です。犬塚が決めてなければPK戦までいけなかったのですから、落ち込まずに頑張って欲しいと思います。

あ、試合終了後にファブリシオが不可解なPKやり直しに異議を唱えたようで、2枚目のイエローを出されて退場となってしまいました。文句を言いたくなる気持ちは分かります。
[PR]

by keta_m | 2006-12-24 13:54 | ジュビロ磐田

実家に帰ってました   

2006年 12月 20日

昨日まで実家に帰ってました。土曜日の夕方、父方の祖母が亡くなったので、お通夜とお葬式に出ていました。

もう87歳だったので、身内も「悲しみに打ちひしがれる」といった感じではなく、「久しぶりだねぇ。」なんて感じでした。さすがに出棺の時と、骨になった時にはしんみりしましたが・・・・。

1ヶ月ほど前から肺炎と心不全で入院していて、そちらの方は回復してきていたのですが、心臓弁膜症が悪化し、容態が急変して亡くなったとのことです。弁膜症は心臓の弁が正常に動作しなくなる病気で、動脈血と静脈血が混じってしまうそうです。酸素や栄養分の少ない静脈血が動脈に出て行く血に混じってしまうので、各器官に酸素が行き渡らなくなり、意識が薄れてきて眠るように息を引き取るので、苦しくないそうです。苦しまなかったようなので、それは良かったな、と思いました。

そうそう、お葬式が派手で驚きました。実家の方のお葬式には初めて出たのですが、6人のお坊さんが居て、うちの所のお寺の和尚さんが正面に座り、右手に木魚と鐘担当が1人、両側に小太鼓担当と銅鑼(でいいのかな?シンバルみたいな2枚の金属を打つ)担当が各2人。ちょっとしたバンドみたいでした。母に訊いたら、うちの近所のお葬式はみんなそうらしいです。宗派は曹洞宗なんですけど、曹洞宗ってみんなそうなんでしょうか?
[PR]

by keta_m | 2006-12-20 12:49 | 日記

井戸を掘った人に感謝しない中国人   

2006年 12月 15日

王毅大使、田中角栄記念館を見学

中国の大使が田中角栄氏の墓に花を供えたって話ですが、

>水を飲む時、その井戸を掘った人を忘れない。中国には昔から古い友人を忘れない伝統がある

これ、違うでしょ。「水を飲む時、その井戸を掘った人を忘れるな」という教訓がある、というのが正しいのでは?中国にはすぐに恩を忘れる伝統があるので、戒めるために教訓があるのですよ。スローガンばかり立派で中身がさっぱりかわらないのが中華人民共和国。

王毅大使にketaからメッセージ。

「飛行機に乗るとき、その空港を作った日本を忘れるな」
「道路を走るとき、その道を作った日本を忘れるな」

中国共産党は空港や道路を日本のODAで作ったことを人民に隠し、歴史もニュースも捏造して反日教育をしています。歴史捏造は有名ですが、現代のニュースもちゃんと捏造して、日本への悪印象を植え付けることに余念がありません。中国反日情報さんが詳しいです。過去の悪行(これも99%は捏造だけど)だけでは日本人への反感が続かないんでしょうね。中国のメディアを通してしか日本を知らない中国人は、こうやって「小日本」とか「日本鬼子」なんて言うように洗脳されているんですね。
[PR]

by keta_m | 2006-12-15 17:55 | 特定アジア(中韓朝)

日本がシンクロで銀メダルだったのは何故?   

2006年 12月 12日

日本が初めてアジア大会でシンクロで金メダルを逃しました。世界トップレベルなのになぜ中国に負けたんでしょう。マスコミが報じない真実がここに!

b0005286_2038970.jpg


特定アジア(中国、韓国、北朝鮮)の共同作業のおかげでした。まあ、昔ほど中国との差がなくなったので、この程度の不正で負けたってのもありますがね。

お前ら、スポーツやる資格なし。国際大会に出てくるな。北京五輪も今からでも中止したほうがいいのでは?
[PR]

by keta_m | 2006-12-12 20:40 | 特定アジア(中韓朝)

トヨタ財団が反日工作員に資金提供していた   

2006年 12月 07日

mumurさんところで青学のアホ教授 宋連玉氏 「朝鮮における女性差別は日本の植民地支配から始まった」って記事がありました。

朝鮮半島における性差別の本格的な出発点は近代からだと説明した。朝鮮半島が日本の植民地と化したこの時代に帝国日本は、朝鮮女性を良妻賢母型の「貞淑な女性」と「性をひさぐ女性」というカテゴリーに分断したと述べた。

は、腹痛ぇ(笑)。出ましたよ、朝鮮人の得意技、「悪いことは全て日帝のせい」です。よくもまぁ、こんな大嘘を平気で言えるものです。mumurさんが突っ込んでますが、

アホか。
近代化以前の朝鮮における女性差別は日本の比じゃない。
ジェンダーを研究してて、朝鮮における女性差別から目を逸らすなんて頭がおかしいとしか思えない。

そもそも、李氏朝鮮時代の女性には名前すらなかったし。
有名な「閔妃」だって固有名詞じゃないぞ。名前がないから「閔氏の王妃」と呼んでるだけ。

むしろ、質問者のこの人の後半が正解↓

>「いま感じている性差別は近代(明治以降)化の中でつくられたものとおっしゃって
>いましたが、儒教と性差別との関係が起因していると思っていたので興味深かった
>です」

その通り。正しい認識(儒教の男尊女卑のせいで朝鮮人は女性を虐げる)を持っていた人を騙さないで欲しいものです。

ところでこのアホ教授・宋連玉について調べていたら、このページhttp://www.aoyama.ac.jp/college/management/staff/y-son.htmlを見つけました。


その他
(トヨタ財団) 研究助成金 (共同分担)/20世紀朝鮮半島における軍隊と性暴力 8,000,000 '02.11~'05

トヨタ財団が宋連玉に800万円の研究費を出しているとのこと。トヨタ財団について調べてみたら、やはりトヨタ自動車が作った財団でした。ところが、このトヨタ財団のが出した助成金のリストを見ると、かなり怪しい。2002年のリストを見たのですが・・・・・なんですか、この朝鮮人率の高さは。研究テーマについても、まともなものもありますが、サヨク臭や反日臭のするテーマもたくさん出てきます。なんと、あの武者小路公秀にまで資金提供してるじゃないですか。

武者小路公秀といえば、筋金入りの反日工作員です。北朝鮮の金政権を正当化する「主体(チュチェ)思想」ってのがあるのですが、このおっさんは北朝鮮チュチェ思想国際研究所理事なんて肩書きを持っています。また、国連人権委員会のドゥドゥ・ディエン特別報告者(セネガル)を招待し、「日本は差別だらけだ!」と提灯記事を書かせて日本バッシング、在日朝鮮人擁護をしています。ディエンが日本に滞在したのは、たったの9日間。それで「根深い差別がある」なんて言われてもねぇ。部落開放同盟に言われたままに報告した、というか武者小路が書いた論文をそのまま提出したんじゃないでしょうかね。
あ、この時は「北朝鮮チュチェ思想国際研究所理事」ではまずいと思ったのか、「反差別国際運動理事」と口当たりの良い肩書きを名乗っています。使い分けが出来ると便利ですね。トヨタから貰った資金も、何割かは北朝鮮に送金されてるんじゃないでしょうか。

ところで、こんな連中に資金を出したら、

1.トヨタ財団が反日工作員に資金提供
2.工作員が捏造した反日情報を垂れ流す
3.諸外国(日本国内も?)で反日感情が高まる
4.日本製品の売れ行きが悪くなる

トヨタは自分の首をしめていることになります。と思ったのですが、2006年のリストを見ると、2002年のように香ばしいテーマや人物が出てきませんでした。もう気付いたのでしょうか。
[PR]

by keta_m | 2006-12-07 12:57 | 特定アジア(中韓朝)

第34節 ジュビロ磐田 0-3 鹿島アントラーズ   

2006年 12月 05日

あ~、有終の美を飾れず。来季に期待できるなんて褒めた途端にこれだよ。

DFがマコ欠場、珍圭が代表で外れたせいで、茶野と大井が同時出場というドキドキなラインナップです。秀人はカバーリングに関してはマコほどうまくないからなぁ。そのせいか、ボランチのファブリと菊地の押し上げが足りない。鹿はいつも通りの引いてカウンターなので、攻撃面ではずっと数的不利の状態。前田が孤立、太田も時々消えるほど、ペースが掴めませんでした。たまにボランチが上がるといい形ができてたけど、回数が少なすぎ。

失点もまずかったですね。最初の失点は、鹿島の左サイドを使わせないように、と鹿島から見て右、ジュビロから見て左サイドへ寄せていく作戦で守ってたのはいいのですが・・・・・・・ジュビロのディフェンスまで左により過ぎて右サイドに広大なスペースが。そこを野村に使われての失点。2点目はちょっと前がかりになった時にカウンターを食らって、ボランチの戻りが遅くて失点。3点目は大井が体を寄せて時間稼ぎをするべき場面でスライディングで一発で取りに行ったのがかわされてGKと1対1になってしまい失点。

良くなってきたけど、従来のポゼッションサッカーではなく、リアクションサッカーっぽい最近のジュビロ。リアクションサッカーをずっと続けてきたアントラーズとリアクションサッカー合戦したら負けるってことかなぁ。マコが居たら3失点はなかったかもしれないけど、やっぱり負けてた気はします。この辺は来季の課題かな。
[PR]

by keta_m | 2006-12-05 00:54 | ジュビロ磐田