<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

第27節 ジュビロ磐田 2-3 FC東京   

2009年 09月 28日

上位チーム相手に、よく頑張ったと思います。八田もよくやってたと思います。あと、選手交代が珍しく妥当だったような。いつもこれならいいのに。

しかし・・・・また赤嶺か!
[PR]

by keta_m | 2009-09-28 21:59 | ジュビロ磐田

第26節 ジュビロ磐田 3-0 京都サンガ   

2009年 09月 24日

中断明けに最下位大分に負けた前節。苦戦するだろうと思っていた試合でしたが予想外の3-0の快勝でした。3戦負けなしと好調だったはずの京都があまり元気がなく、ジュビロは最近では珍しくよく動いていたと思います。

今回は3組のコンビに注目。

■村井-金沢ジョーのコンビが効いていた

解説のお気楽親父こと桑原元監督も「金沢は地味な選手だけど、計算できる選手」言っていましたが、その通り。今のジュビロには「時々すごいことをする選手」よりも「目立たないけど計算できる選手」が必要なのですよ。村井が試合後のインタビューで、こう言ったそうです。

(後ろの)金沢選手の指示が的確ですし、ポジショニングも細かくコーチングしてくれるので、すごいやりやすかったですし、自分を前に押し出したくれるので、より高い位置、FWに近い位置がとれたのではないかと思います。

ジョーに後ろを任せられる安心感で村井が攻撃に力を入れられる。その村井のシュートがこぼれたところをグノが押し込んでの先制点でした。

強いチームは、ジョーみたいなのがベンチに居るんですよね。正に昔のジュビロなんですけど。

■前田・グノコンビの熟成

前田は主にキープ力とポストプレー、グノは主にスピードと突破力と、それぞれの長所を生かしつつ連携が良くなっています。ロングボールを前田が受けてグノへ、あるいはグノがドリブルで仕掛けてフリーの前田へ。その結果、仲良く1点ずつ得点しました。あ、前田がどフリーのシュートを空高く打ち上げたときには、往年の北澤を思い出しましたがorz

■西と駒野のコンビ

左が村井とジョーのコンビでしたが、右は西と駒野。こちらの方が攻撃的ですね。ジョーが目立たないプレーで守備に貢献するのに対し、駒野は攻めあがることで目立つタイプ。4バックの両翼は、この組み合わせでいいと思います。右が上がり気味ならボランチがケアすればいいのだから。
駒野が積極的に西を追い越す動きを見せることで、再三チャンスを作っていました。

3連敗だったにも関わらず快勝で気分良く終わりたかったのに、終了間際に大事件が。ヨシカツが京都のFW金成勇の蹴りで負傷退場してしまいました。しかも右脛骨骨幹部骨折で今季絶望!というか来季にギリギリ間に合うかという怪我です。折れたのは、スネの太いほうの骨。どんだけ思いっきり蹴ったんだって話です。故意に強く蹴らなきゃ、折れるはずありません。不慮の事故じゃないですよ。

FWがボールに飛び込んで、GKやDFが止めに来た場合、「相手に怪我をさせないように足を引っ込める選手」と「チャンスと思って偶然を装って蹴る選手」がいるわけです。

中山もよく相手選手を接触していましたが、よく見るとぶつかりそうになった時点で足を引っ込めて勢いを殺しています。蹴られたほうは痛いことは痛いでしょうが、大怪我をすることはありません。

後者の例は、2002年のワールドカップで韓国代表イ・チョンスがマルディーニの頭を蹴ったことについて「わざと蹴った。二度蹴ろうと思ったが止めておいてやった。 」と言いました。声に出して言ってしまう選手は珍しいですが、大怪我をさせるのはほとんどがこういう選手。ガンバの本並の腎臓を破裂させた田口も、日頃からダーティーなプレーが批判されている選手でした。

犯人の金成勇のプロフィール。大学まで朝鮮学校の生粋の在日朝鮮人ですね。反日教育を物心つく前から受けてきたので、日本人に怪我をさせるなんて平気なのかもしれません。
[PR]

by keta_m | 2009-09-24 13:52 | ジュビロ磐田

福島瑞穂が少子化担当って・・・・   

2009年 09月 17日

家族を破壊したい人が少子化担当大臣って・・・・・

こんな少子化を推進する本に関わってますしね。

産まない選択―子どもを持たない楽しさ 福島 瑞穂 (編集)
[PR]

by keta_m | 2009-09-17 16:44 | 政治・国際・社会

アントラーズが負けそうだから、無効試合ね!   

2009年 09月 14日

【Jリーグ】川崎にうらみの雨 再試合の行方は「?」

1位と2位の直接対決なので、スカパーで観戦してました。2位の川崎がいいサッカーをして、後半30分で3-1とリード。いい気分で見てたのですが・・・・。

ここで「雨がひどいからノーゲーム」となりました。雷でもないのに中断とはねぇ。アントラーズが負けそうだから止めたんじゃないかと。

この時点で気分が悪いですが、その後の鹿島サポーターの下品さにますます嫌な気分にさせられました。負け試合がリセットされたことを喜んで「勝利の歌」の合唱を始めます。こういう時は、内心うれしくても大っぴらに喜ばないのが日本人的美意識だと思うんですが。会場を後にして、家族で喜んだり、帰りに寄った飲み屋の打ち上げで喜ぶんなら、まあいいですけど。
更に呆然と立ちすくむフロンターレの選手とサポーターに「帰れ」コールの大合唱。鹿島サポーターってこういうこと、よくやりますよね。

この「無効試合」のおかげで、今年もアントラーズが優勝しそうです。本当におめでとうございます。

【追記】
無かったことになるかと思ったら、3-1で残り15分(とロスタイム?)で再試合になりました。理事会が妥当な判断をして良かったです。
[PR]

by keta_m | 2009-09-14 12:43 | サッカー

在日外国人参政権のおいしい使い方   

2009年 09月 07日

民主党が近いうちに成立させようとしている在日外国人の参政権。まずは地方参政権ですが、それだけでも便利な使い方があります。

1.外国人団体でターゲットを決め、選挙権者が自治体の過半数を取れるような、人口の少ない町村に組織的に住民票を移します。間違って本当に引っ越さないように気をつけましょう。

2.自分達の思い通りになる議員が過半数になるようにします。被選挙権がないと同胞は議員になれませんので、日本に帰化した同胞を立てる、日本人を買収する、逆らうと娘の命は(以下自粛)

3.住民に多額の補助金をばらまく条例を制定します。議員の過半数を抑えているので可決されます。実際に住んでいるかではなく、住民票で判断するようにしておきます。出来れば日本人より外国人がたくさん貰えるようにするとよい。

4.住んでも居ない町村から毎月お金が入ってウハウハです。

5.税収より多い補助金をばら撒いた自治体の財政は破綻して、夕張市みたいな管理団体となります。そのときは別の町へ住民票を移して同じことをします。多額の赤字は元からの住民や国がかぶるだけなので、どうでもいいです。そもそも、実際に住んでるわけじゃないし。

地方参政権だけでも、こんなことが出来ますよね。これをやると、それ以上の権利を得るのが難しいので、しばらく大人しくして地方被選挙権や国政選挙の選挙権・被選挙権を貰うまで我慢するかもしれませんが。

法的に可能だと思っていますが、もし上の方法で勘違いがあったらご指摘は歓迎します。そのときは、ぜひ情報源を添えてください。以下の2点は念のために調べましたけど。

・選挙権は住民票がある場所が基準となる
・補助金などは地方自治体の条例でも配ることができる
[PR]

by keta_m | 2009-09-07 00:14 | 政治・国際・社会

民主党政権で経済失速   

2009年 09月 01日

民主党政権になったので、経済が失速します。せっかく個人消費がプラスになり、これから回復に向かいかけているのに・・・・。公共事業を削減すること、個人消費を促す施策を停止することが原因です。

なぜ経済が失速するか、簡単にまとめてみました。とは言っても、結構な長文です。

まず、景気を回復するにはお金が動く必要があります。誰かがお金を使って企業にお金が入り、そこから給料が払われている。この原則を忘れてはいけません。みんなが一斉に節約すると、会社は倒産して給料が貰えなくなりますよね。不景気を脱するには、お金が回らなきゃいけないのです。

さて、お金の流れの主なものを3つ上げます。

1.個人消費
2.企業の設備投資
3.公共事業

他にも輸出があるのですが、

・日本のGDPは内需が大きく輸出は15~16%と小さい
・世界的な不況(他国は日本より不況なところばかり)で国外で物を売るのは難しい

ことから輸出については今回は省きます。

More
[PR]

by keta_m | 2009-09-01 13:40 | 政治・国際・社会