緊急企画・最下位、どうしましょ・・・(T_T)   

2004年 10月 04日

team_hystericさんのコメント「最下位、どうしましょ・・・(T_T)」を受けて、緊急企画です。どうするか考えてみましょう。

■松コース・手っ取り早く勝てるようにする

勝てない理由は、何と言っても予算不足による「少数精鋭政策」です。ジュビロらしいサッカーをするには、高いテクニックを持った選手が馬車馬のように走る必要があります。
今のメンバーでも、コンディションが良ければ強いことは1stの前半で証明済み。コンディションの悪い選手を休ませることが出来るだけの選手を揃えれば勝てるのです。ジュビロは前節、服部を無理に前半だけ使いましたが、マリノスはドゥトラを大事を取って休ませたり、久保をベンチスタートに出来るのは、層の厚さの違いによるものです。レイソルに負けたけど
とは言っても、日本人選手で主力級を今から補強するのは難しい。やはり外国人でしょう。

藤田レベルMF、腰が痛くない時の服部レベルのボランチ、大岩レベルDF。これだけ揃えてフィットすれば、後半全勝も夢ではありません。
ただし、レンタルで3億円、完全移籍だと8億円ほどかかるかと思われます。ポケットマネーで払える方にお薦めのプランです。

■竹コース・将来を夢見る

ジュビロが昨期に1億円以上の黒字を出しながらも補強をしなかったのは、世界クラブ選手権で勝とうと、多大な投資をしたツケで累積赤字があるからです。それも1億円まで減りました!累積赤字がなくなれば、税金をむしり取られるだけだから過剰な黒字は出さないはず。ちゃんと選手獲得に使われることでしょう。
その頃には、前田は日本を代表するけど代表じゃない選手になっていることでしょう。菊地も若手No.1ボランチ(ボランチやるか分からんけど)、成岡は90分走るスタミナがつき、河村は自信に満ち溢れ(笑)、補強したドゥンガ級とはいかないまでも、アジウソン級の外国人選手も大活躍。再び常勝軍団となっていることでしょう。その頃には俊哉、名波、服部、マコ、秀人はいい年だし、菊地は当初の希望どおり海外かも


■梅コース・初心に帰る

1999年のセカンドステージを思い出しましょう。ドゥンガが去った後、中盤をまとめていた名波がイタリアに行ってしまいました。名波が居た1stは優勝したのに、2ndはこの成績。

順位  勝敗    勝ち点 得点 失点
12位 5勝9敗1分  15   23   27

チャンピオンシップで勝って、年間優勝をしたものの、2ndはこの程度の成績だったのです。常勝軍団なんて恥ずかしくて言えません。このときと比べたら、今の成績はもうちょっと悪いだけですよ。気にしない、気にしない。
1stを優勝してたから、心の余裕があったことはこの際忘れておきましょう。

これでも足りない方は、ヤマハ発動機時代まで遡ってみましょう。って知らないか。

■番外編・忘れてしまう

「え?ジュビロって何?それっておいしいの?」と言えるほど、ジュビロのことは綺麗さっぱり忘れましょう。そうすれば悲しむことはありません(T_T)

-----------------------------------------------------------------------------

Ketaは今年はもちろん、来年も優勝する可能性は低いと思っています。来年は降格争いしない程度には勝ちながら若手を伸ばし、腰の痛い服部や代表疲れの俊哉や福西が欠けてもさほどパフォーマンスが落ちないチームを作ってくれるのがベストだと考えてます。もっとも、福西は定期的に黄紙3枚集めて休暇を取ってますが。
[PR]

by keta_m | 2004-10-04 15:08 | ジュビロ磐田

<< アメリカでは5秒ルール ジョイフル券だ~ >>